アルガンオイルの効能と使い方

アルガンオイルの効能と使い方
モロッコに自生するアルガンから採取される『アルガンオイル』。美容にとても良いとして昔から女性に親しまれていました。このアルガンオイルにはとても高いアンチエイジングの効能があるとして知られています。

 

■アルガンオイルの効能
アルガンオイルは肌につけるとシワを消し、乾燥から守る効能が期待できるとして、モロッコの女性は昔からアルガンオイルを使っています。

 

アルガンオイルの効能は美容だけにとどまらず、炎症などの傷跡を修復する効能があります。アルガンオイルに含まれる肌の修復効果がある成分が、美容や傷の治療に効果を発揮するのです。

 

また、アルガンオイルには感想と紫外線を防ぐ効果もあるため、モロッコでは女性だけでなく男性もしようしています。

 

《アルガンオイルに含まれる成分》
肌の老化の原因となるのは活性酸素。つまりサビです。このサビに働き肌を修復するのがビタミンEです。ビタミンEは細胞膜に常駐しているもので、活性酸素が細胞膜に付着するとビタミンEが活性酸素に作用し活性酸素を安定化させます。

 

このビタミンEがアルガンオイルに多く含まれているのです。美容や傷跡の治療にアルガンオイルが昔から使われていたのは、アルガンオイルに含まれているビタミンEが肌に作用していたからと言えます。

 

■アルガンオイルの使い方
アルガンオイルの使い方は、数滴(3~5滴)を肌になじませて使用します。頭皮に使うことも可能です。また、バスタブにアルガンオイルを数滴入れると、肌全体にアルガンオイルが馴染みます。

 

顔にアルガンオイルをなじませた後、パックをするという使い方もあります。

 

なお、アルガンオイルを初めて使用する時は、まず数滴肌に付けて体に異常がでないか確かめてから使用するようにしてください。人によって肌に合わないという場合もありますので。

 

アンチエイジングに高い効果があると言われているアルガンオイル。就寝時だけでなく日中の外出時にも上手に使いたいですね(*‘ω‘ *)。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ