ローソンの希少糖入りソイラテを飲んでみた感想

ローソンの希少糖入りソイラテを飲んでみた感想
今話題の希少糖。その希少糖を使ったソイラテがローソンから発売されています。その名も『希少糖入りソイラテ』。そのままのネーミングですが、話題性のある希少糖を使った飲み物ですので、素直に「一度飲んでみたい」と思わせてくれます。

 

もちろん私もそんな人間の一人です。ということでローソンで早速購入して飲んだ感想を記したいと思います。

 

ローソンの希少糖入りソイラテ

 

■希少糖って何?
と、その前に、希少糖がわからないという方のために簡単に説明します。

 

希少糖とは自然界に多くは存在していない希少な糖です。ブドウ糖や果糖などはおなじみですが、それ以外の希少な糖はおよそ50種類くらいあると言われています。レアシュガーとも呼ばれています。

 

希少糖のうちの一つにD-プシコースというものがあり、香川大学農学部では果糖からD-プシコースを作り出す(変化させる)ことに成功しました。

 

希少糖は普通の糖とは違い、甘みはあるのにカロリーはほぼありません。そればかりではなく、食後の血糖値の上昇もゆるやかにさせる効果があるのです。また、脂肪が体内に溜まるのを抑制する効果まであるというのですから驚きです。

 

その他にも動脈硬化予防の効果もあるのだそうです。

 

■ローソンから発売された希少糖入りソイラテを飲んだ感想
ローソンの希少糖入りソイラテは希少糖の他にもソイ、つまり豆乳が使われています。

 

ローソンの希少糖入りソイラテの原材料その他

《原材料》
豆乳、コーヒー、希少糖含有シロップ(レアシュガースウィート)、砂糖、植物油、食塩、乳化剤、安定剤(カラギナン)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料

 

《内容量》
240ml

 

《成分表示:ローソン希少糖入りソイラテ240ml:一本あたり》
エネルギー90kcal
タンパク質3.6g
脂質3.2g
炭水化物11.7g
ナトリウム178mg

 

希少糖は糖質甘味料に占める割合として50%。つまり甘味料の半分に希少糖が使われているということです。なのでローソンの希少糖入りソイラテは砂糖やその他甘味料も使用しています。

 

【飲んでみた感想】
甘みはキチンと感じられました。別段普通のラテと甘さの違いはわかりません。それくらいしっかりとした甘みを感じます。

 

飲んだ瞬間「コーヒーの味がちょっと濃いかも」と思ったのですが、豆乳がちょっと遅れてコーヒーの味を包み込んでくれるので、非常にバランスがとれたラテになっていると感じました。

 

豆乳の味がしっかりとしているので、普通のラテとは違う美味しさを感じました。私はミルクを使ったラテよりもソイラテの方が好きな味です。

 

一本で90kcalですから、ラテが好きな方は希少糖入りソイラテにすれば、カロリーを抑えてラテを楽しめると思います。

 

ローソンの希少糖入りソイラテは税抜き価格で160円です。量も240mlですから、希少糖を使ってる割には安めの価格で落ちつていると感じます。ローソンの希少糖入りソイラテ、おすすめです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ