オサートは老眼も改善できる

オサートは老眼も改善できる
オサートは寝る前に専用のコンタクトレンズを装着して、寝ている間に角膜に凹凸を付けて目を見えやすくするという、新しい視力矯正法です。

 

このオサートは治らないと言われている老眼も改善する効果があります。

 

■オサートは老眼にも効果あり
老眼は視力を合わせる筋肉の働きが低下することで、角膜のレンズ性能が衰えて起こります。通常はメガネなどで矯正を行います。

 

オサートは個人に合わせて角膜に凹凸を付けることで視力を矯正するのですが、老眼の場合でも個人にあったオサートコンタクトレンズを作ることができるのです。

 

老眼改善の場合は、近視用と遠視用の凹凸を組み合わせてコンタクトレンズを作ります。あとは毎晩寝る前に装着すれば、かなり早い段階で視力矯正を実感できるということです。

 

■オサートで老眼改善!・・・でも
このようにオサートはリスクもほとんどない素晴らしい視力改善方法であり、老眼改善方法です。

 

私の姉も40歳手前から老眼が始まりました。

 

もともと視力は良い方だったのですが、老眼は視力が良い人のほうが早く来るらしく、姉も30代後半から老眼を自覚していました。

 

私は目が悪い方だったので老眼を自覚するのはもう少し後だとは思いますが、それでも年齢的に考えるとすでに老眼は始まっているのだと思います。視力が悪いのでそれが自覚できないだけなのでしょう(-∀-`; )。

 

でもオサートのような簡単な方法で老眼が改善できるなら、将来視力で悩むことはないなぁと思っていたのですが、オサートの治療費が高すぎ!38万円もかかります。

 

しかもいま日本でオサートを行えるのは東京の三井メディカルクリニックだけです。そして最初のうちは月に1回ほどの通院が必要ということ。遠方サポート治療もあるということですが、色んな意味で無理です。

 

オサートの元となったオルソケラトロジーは、費用が20万前後(クリニックによって変わる)ですのでオサートよりも安いですが、軽度の老眼までしか改善は見込めません。

 

こちらの方は全国にいくらか展開している治療方法ですので、オサートよりも受けやすいと思います。

 

とは言ってもまだまだ高い!でも私が本格的に老眼で悩む年代になる頃には、オサートのような他の安全な老眼改善方法が出てくると思いますし、オサートやオルソケラトロジーの価格ももっと安くなると思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ