ウルトラ蒸ししょうがの作り方と効果

◆ウルトラ蒸ししょうがで冷え性を改善

ウルトラ蒸ししょうがは冷え性改善に効果的!と聞いたので、ウルトラ蒸ししょうがの効果と作り方を調べてみました。

このウルトラ蒸ししょうがはあさイチという情報番組で紹介されていたものです。

 

◆ウルトラ蒸ししょうがの効果
ウルトラ蒸ししょうがの効果ですが、まず生のしょうがは体を冷やす成分であるジンゲロールというものが含まれています。

このジンゲロールは熱を加えたり乾燥させる事でショウガオールという物質に変わります。この物質は体を暖める効果があります。これがしょうがは冷え性に良いと言われるゆえんです。

 

ウルトラ蒸ししょうがはこのショウガオールを普通の乾燥ショウガよりも多く含むため、体感温度で暖かさが3倍~4倍も違うという効果があるそうです。

 

漢方では乾燥したしょうがを生姜(しょうきょう)、さらに効果の高い生姜を乾姜(かんきょう)と言って区別しています。日本ではしょうがを漢字で書くと生姜と書きます。ですが、漢方の世界では乾燥しているショウガを生姜(しょうきょう)と表します。

ウルトラ蒸ししょうがは、更に効果の高い乾燥したしょうが乾姜(かんきょう)のことだと あさイチでは紹介していました。

 

◆ウルトラ蒸ししょうがの作り方
1,ショウガの縞模様に沿って1mm~2mmにスライス

2,蒸し器にクッキングシートを敷き重ならないようにしょうがを並べて30分程度蒸す

3,天日干しなら一日、室内干しなら一週間乾燥させて出来上がり

蒸す時間は匂いで判断すると良いそうです。最初はレモンのような匂いがしていますが、甘い匂いに変わったらOKです。

 

◆ウルトラ蒸ししょうがの摂取量など
摂取量は一日2g~3g程度まで。胸焼けがするときは1g程度に留めておきましょう。消化器官が弱い方は気をつけましょう。しょうがは結構刺激が強いので(・∀・)ノ

 

保存方法はビニール袋などに入れて密閉します。冷蔵庫に入れると味が落ちるので入れないほうが良いそうです。あさイチによる、この保存方法でウルトラ蒸ししょうがは3ヶ月ほど持つとか。まぁ漢方と同じだと考えると納得です。

 

◆ウルトラ蒸ししょうがのまとめ
私はしょうが=体を温めると思っていました。まさか生のしょうがは体を冷やすとは(-∀-`; )。

ウルトラ蒸ししょうがは作るのがちょっと面倒臭い気がしますが、買うとなると漢方である乾姜を買うことになるので、それだと高すぎます。

まぁ一度大量に作ってしまえばあとは干しておくだけですし、体のことも考えて一度ウルトラ蒸ししょうが作りにチャレンジしてみようかな(o・。・o)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ