通電火災とは?予防と対策

通電火災とは?予防と対策
通電火災とは、地震などで一時的に電気供給がストップしたさいに起こる二次的災害です。阪神・淡路大震災では6割が通電火災だということがわかりました。

 

■通電火災をもっと詳しく!
地震で電柱や電線が不具合を起こし電力が一時的にストップすることがあります。このときヒーターなどを使用していた場合、当然一時的にヒーターも止まります。

 

地震で家具などが転倒、衣服などの可燃物も散らかり、ヒーターなどの暖房器具の周りに散乱します。

 

この場合、電気は一時的に不通になっているだけですから、電力が回復すれば当然暖房器具も再びONになります。しかし暖房器具の周りには可燃物が散乱しています。となると、当然火災の可能性が高まるのです。

 

通電火災はこのような状況下で起こります。通電火災の場合はブレーカーが落ちたわけではありませんので、電気が復旧すれば当然のように電気は通電してしまうのです。

 

地震で避難しているときに通電してしまうと、可燃物を取り除く暇さえありません。

 

■通電火災の予防と対策
このように通電火災はブレーカーが役に立ちません。ではどのように予防するのか。まずヒーターなど電気を使用する暖房器具などのそばに、家具や可燃物を絶対に置かない。

 

暖房器具などを使用する場合は頑丈な囲いなどで囲って使用する。これが予防になります。

 

ただ、これらの予防方法はなかなか実践できるものではありません。ですので通電火災の対策が必要になります。

 

【感震ブレーカーの設置】
感震ブレーカーはブレーカーに設置するグッズです。紐の先にオモリがついており、ひもの逆側にはブレーカーにかぶせるキャップがついています。

 

感震ブレーカーをブレーカーのスイッチの先に取り付け、その下に感震ブレーカーの土台を設置し、土台の上にオモリを乗せておきます。

 

万が一、震度5以上の地震が起きた場合、地震の揺れによってオモリが土台から落ち、その重さでブレーカーを自動的にOFFにします。

 

感震ブレーカーは通電火災の対策として非常に有効です。感震ブレーカーの設置を進めている自治体も多くあります。また、最初から内蔵されているタイプのブレーカーもあります。

 

通電火災を防ぐためには、あらかじめ対策しておくことが非常に重要です。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ