世界初の水素発電!その仕組について

世界初の水素発電!その仕組について
東京の京浜工業地帯に、世界初の水素発電所が建設されます。今までは原子力発電というとても不安定なエネルギーや、石油という有限エネルギーが使われていました。

 

水素発電はエネルギー転換を必要とする日本だけでなく、全世界のエネルギー事情が変わる可能性も秘めています。

 

■世界初の水素発電所の建設
水素発電に関しては世界中でエネルギー使用の研究がされていますが、日本は一歩先ん出て、世界で初めての水素発電所の建設を進めています。

 

世界初の水素発電に使用される技術は千代田加工技術開発が開発したスペラ水素システムというもの。この技術によって、水素をガスや石油のように、大規模に貯蓄したり運んだりすることが可能になりました。

 

水素を燃やしても二酸化炭素を排出しません。また原子力発電のような核廃棄物も存在しません。しかし水素は自然化に天然に存在しているわけではなく、水や天然ガスから取り出す必要があります。

 

この取り出した水素は期待ですが、トルエンを使うことで液体にして運べるようにしたのがスペラ水素です。

 

【スペラ水素の利点】

・液体にすることで爆発の危険性がなくなること。

・体積を1/500にして輸送することができること。

 

実はこの技術自体は前から存在していたのですが、トルエンに含まれた水素を取り出すことがなかなかできませんでした。その技術を確立させたのが千代田加工技術開発で、そのシステムがスペラ水素システムなのです。

 

この技術によって、大量の水素を運搬することが可能になりエネルギーとして使用する目処が立ちました。水素発電の本格的な始動です。

 

■水素発電の仕組み
世界初の水素発電を可能としたのが、スペラ水素から水素を取り出すことができる技術です。

 

水素発電の仕組みはいたって簡単で、スペラ水素から水素を取り出してそれをエネルギーとして利用。燃焼された水素から発生するエネルギーを電気に転換して、電力を発生させるのが水素発電の仕組みです。

 

この水素発電は、トルエンに含まれる水素をエネルギーとして利用するわけですから、将来は水素自動車というものができる可能性もあります。

 

■水素はどこから調達するの?
このように素晴らしい可能性を秘めている水素発電ですが、元となる水素はどこから調達するのでしょう。

 

水素は石炭や石油に多く含まれているので、有限資源から水素を調達することになります。しかし、水力発電や風力発電から生まれたエネルギーを使い、水から酸素と水素を電気分解すればクリーンなエネルギーが生みだせます。

 

発生した水素はトルエンで保存できるため、水力発電や風力発電の「不安定」というデメリットも、『貯蓄』という形がとれるためエネルギー供給を安定させることができます。

 

電力を大規模に蓄電するという技術はありませんが、スペラ水素システムによって電気の前段階のスペラ水素を貯蓄させることはできるわけです。

 

水素は燃やせば酸素と結合して水になるため、有害なものになるということはありません。つまり、水力発電や風力発電を間に挟めば、水素発電は究極のクリーンエネルギーであり極めて効率のよい発電法となるわけです。

 

水素発電は次世代の新しい発電方法となると思います。技術立国日本に住む人間として、水素発電の成功を心から願います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ