AKA-博田法とは?その効果は?

AKA-博田法とは?その効果は?
AKA-博田法とは、関節にはたらきかけて腰痛などの慢性痛を治す治療方法です。AKA-博田法は整体や鍼灸とは違い、関節、特に仙腸関節(骨盤の一部)の位置を調整することで、なかなか治らない疼痛などを改善します。

 

■AKA-博田法の治療方法
患者さんに横になってもらい、背中側から骨盤や背骨を指でゆっくり動かして治療します。仙腸関節は上半身と下半身をつなぐ骨盤の中心にある骨です。

 

AKA-博田法では、この骨がずれたり歪んだりすることで腰痛になると捉えています。また、仙腸関節がずれることで、そのズレを補完する形で筋肉が固まります。また他の骨や関節に負荷がかかり、別の場所でも痛みを感じるとしています。

 

膝痛や足の痛み、肩こりや背中のこりなども、元の原因は仙腸関節を含む骨盤のズレにあり、AKA-博田法で直接ズレを治すことで慢性痛が改善します。

 

仙腸関節は骨盤にある骨ですが、1mm~2mmほど動く遊びがあると言われています。その遊びがなくなると痛みなどの不具合が出て、体中に連鎖します。

 

AKA-博田法で仙腸関節の遊びを確保して、影響が出たその他の部位も治療を施す、これがAKA-博田法です。なお骨は強い力で押しても動きませんが、ゆっくりと柔らかい力で押すと動きます。

 

AKA-博田法は強い力で押したりしないため、痛みはまったくありません。

 

■AKA-博田法の効果は?
私はお世話になっている鍼灸院でAKA-博田法を受けています。鍼治療のあとAKA-博田法で仙腸関節の可動域を広げてもらうことで、体の各部位がより柔軟になってきた感じがしています。

 

特に効果があったと感じたのが腰痛だけでなく、『背中の痛み』と『肩甲骨周辺の痛み』でした。もともと腰を痛めることが多かった私ですが、AKA-博田法をしてもらってから腰を痛めることが激減しました。

 

それに加えて、張っていた背中も楽になってきました。背中をそらすだけで「グキッ!」となって痛かった背中が、今はまったく痛くなくなっています。AKA-博田法の効果だと思っています。

 

その後、肩甲骨周辺をほぐすストレッチをどれだけ行っても動きが悪いままだったのが、AKA-博田法を始めてからしばらくして、ストレッチの効果が十分感じられるようになりました。

 

AKA-博田法で一度仙腸関節を動かしすぎて股関節がびっくりするくらい固まったことがありますが、すぐにAKAの手技で治してもらえました。逆の意味で効果を実感することができました(;´∀`)

 

AKA-博田法は施術後にキチンと関節の動きを確かめる確認作業がありますので安心して受けることができます。強い力で矯正するわけでもないのに大きな効果が出るので、初めて受けた方はかなりビックリするようです。

 

もしお近くでAKA-博田法を行っているところがあれば、一度受けてみても良いかと思います。ただし、信頼できる施術者の方がいる診療所で受けるようにしてくださいね。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ