普通のキットカットで焼きキットカットは作れるのか?

普通のキットカットで焼きキットカットは作れるのか?
キットカットのCMで「オーブントースターで焼いて食べよう♪」というCMが流れています。焼きキットカットのCMなのですが、CMに使われているキットカットの袋には『焼いて美味しい』の文字が書かれています。

 

これを見て「焼きキットカットって専用のキットカットを使わないと食べられないの?」と感じました。そして「普通のキットカットだと焼いたらどうなるんだろう」という気持ちが湧いてきました。

 

■実践!普通のキットカットで焼きキットカットを作ってみた!
実験を行う上で必要なものが、「焼いて美味しい」という文字が印字されているキットカットと、文字が印字されていないキットカットです。

 

コンビニに両方置いていたので2つとも購入。焼いて美味しいの文字は袋に入ったキットカットに印字されており、小さな箱のタイプには印字されていませんでした。

二種類のキットカット

 

そして念のため、含有されている成分もチェック。

普通のキットカット

焼きキットカット(?)

 

※左側が普通のキットカットで、右側が『焼いて美味しい』という文字が印字されているキットカットです。

 

2つとも成分には違いはありません。この時点で何となく結果は予想できましたが、ここまできたのですからとりあえず最後まで確認してみようと、両方を購入。

 

【焼きキットカットの作り方】
1,オーブントースターにトレイを敷いて上にアルミホイルを敷く。
2,キットカットを行儀よく並べます。間は少し開けておきましょう。
3,予熱はせずに1000Wで約2分~2分半焼きます。

 

焼きキットカットの作り方

※文字が見えにくくてすみません。焼きキットカットの書き方が書かれています。

 

私の家のオーブントースターは1200Wだったので、2分焼いてみることに。

途中、開けてみると単にチョコレートが「トロッ」と溶けていただけなので、「失敗したかな(´・Д・`●)」と思っていました。

 

が、二分経って開けてみるとすでにちょっと焦げてました。焦げるの早すぎ(;´∀`)。

 

説明書きには「表面が色づき始めると、あっという間に焦げちゃうので注意してね!!」と書かれていましたが、ハッキリ言ってオーブントースターの中は暗いので焦げているかどうかわかりません!

 

でも焼いたキットカットの香りは、とても甘い香りでカカオの香りも広がってあたりにとても美味しそうな匂いを充満させていました。お洒落なスイーツショップの中にいるみたいでした。

 

そして普通のキットカットと、焼きキットカットの文字が書かれたキットカットの焼き具合を見てみると・・・。

 

やっぱり両方とも同じでした♪
ちょっと焦げたけど一緒♪

つまり、普通のキットカットで焼きキットカットは可能というわけです。

 

焼きキットカットを作る時はトレイがちょっと熱いので注意が必要です。冷ますとチョコレートも問題なくアルミホイルから「スルッ」と剥がれました。

焼きキットカットを食べてみた

 

で食べてみると・・・、これがメチャクチャ美味しい!ここまで味に変化があるとは思いませんでした。

 

キットカットは普通のままでも美味しいですが、オーブントースターで焼くと高級な焼きチョコレート菓子のように美味しくなります。

 

作り方も簡単なので、是非作ってみてください。もちろん普通のキットカットでも作れます。おすすめです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ