各駅停車症候群とは

各駅停車症候群とは
各駅停車症候群とは、電車にのるときに普通電車(各駅に停車する電車)にしか乗れない病気です。車通勤ではなく電車通勤の人に多い病気です。

 

各駅停車症候群の原因

各駅停車症候群になる原因は腹痛や下痢に襲われるため。いわゆる過敏性腸症候群です。昔からここぞという時にお腹が痛くなる人は存在しましたが、そういった方は最近では過敏性腸症候群と診断されるようになっています。

 

各駅停車症候群は、各駅停車症候群によって腹痛や下痢になりやすいため、万が一に備えて各駅に停車できる普通電車に乗ることを選択します。

 

また、腹痛や下痢に襲われていなくても、「もしかしたら・・・」という不安から各駅停車する電車しか乗れないことも多いです。不安を予期して行動する『予期不安』と呼ばれるものです。

 

各駅停車症候群は各駅停車症候群が原因です。ストレスなどから自律神経のバランスを崩すことで、腸の機能が乱れがちになります。

 

各駅停車症候群の対策

各駅にあるトイレを把握しておくことは別に間違ったことではありません。安心を手にすることでストレスが幾分緩和されるからです。

 

しかしこれは各駅停車症候群の症状のもたらす行動でもあります。では無理やり快速や急行電車に乗って慣れればいいのかといえば、そうではありません。

 

まずは病院などで薬をもらって症状を抑え、その間にストレスの対処をする。加えて、ものの考え方や捉え方のクセを把握して、もっと楽な思考方法を手に入れる。

 

大元であるストレスの対処がある程度できてから初めて、予期不安である「各駅にしか乗れない」という思考回路を矯正していきます。

 

・各駅停車症候群の症状を薬で抑える
・ストレスの元から改善する

 

この二つがある程度できてから急行などの電車に乗る練習をしないと、ストレスや不安のループにハマってしまい悪循環になることがあります。

 

各駅停車症候群になったものの治ったという方はたくさんいます。専門家の助けを借りて、焦らずゆっくりと対処していきましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ