空の巣症候群 予防と対策

空の巣症候群 予防と対策
空の巣症候群とは、子供が結婚や就職で家から巣立ってしまう、子育てが終わってすることがなくなってしまう、そんな状態になった主婦の方に多い病気です。

 

子供のいる主婦の方は、長い間子育てを軸に生活をされている方が多いのですが、子供が家から巣立ってしまうと、『子育て』という大きな仕事がなくなってしまうため、一種の燃え尽き症候群に陥ることがあります。

 

空の巣症候群は子育てという大仕事が終わり、燃え尽き症候群でうつ状態になってしまいます。

 

空の巣症候群の予防

空の巣症候群の予防法は、子供が巣立つ前に外とのつながりを持つようにすることです。子育てというのは子供と自分、つまりは人と人とが深く関わることですので、その関係がなくなると大きな喪失感に襲われるのです。

 

それを予防するためには、子どもとの関わり以外にも別の関わりを外に持つ必要があります。働きに出ている方が空の巣症候群になりにくいのは、家以外に関わりを持っているからです。

 

・趣味や習い事で仲の良い人を見つける
・SNSなどを通して友達を見つける
・クラス会などに積極的に参加する

 

空の巣症候群は、「子供が巣立つと寂しくなる」ということをあらかじめ理解しておくことで、その予防や準備をすることができます。

 

空の巣症候群の対策

空の巣症候群になってしまったら、まずは外に目を向けるようにしましょう。仲の良い友達に連絡をしたり、近所の行事に積極的に参加することで寂しさから脱出することができます。

 

空の巣症候群になる最大の原因は『喪失感』にあります。また家の中で孤独を感じることも出てくるかもしれません。

 

喪失感に縛られ続けても、また、こだわり続けても状況は良くなりません。心機一転、外に目を向けて楽しいことを探したり、友達を楽しい時間を過ごすことで喪失感は小さくなっていきます。

 

空の巣症候群の対策は予防方法と似ている部分が多いです。

 

喪失感が大きい時は、積極的に『楽しいと思えること』を複数人と行うということを続けていると、気分も回復していきます。

 

一人でできる趣味を見つけるというよりも、誰かと一緒にできる趣味を見つける方が回復は断然早いと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ