エコースマートペンの感想

エコースマートペンの感想
エコースマートペンは専用ノートに書いたメモをエコースマートペンでタップすると、その部分を頭出しにして録音していた声を再生してくれます。

 

超ハイテク文房具(というか、ここまできたら電子機器)ですが、使った人の感想を聞くといろいろとランニングコストがかかると言っていました。

 

エコースマートペンの仕組み

まずエコースマートペンの仕組みですが、ペンの先に付いている超小型CCDカメラで、専用ノートに細かく印字されているドットを読み込むことで、その時の会話を頭出しで再生してくれるのです。

 

例えば、会議が始まるときにノートに書かれている【録音ボタン】をエコースマートペンで押します。すると録音が開始されます。

 

停止ボタンを押すまで録音されるので、ずっと再生することが可能なのですが、エコースマートペンで専用ノートにメモをとっておくと、そのメモを取った場所と録音部分が専用ノートのドットで解析されるため、メモをタップすると頭出しで録音していた部分が再生されるという仕組みです

 

その他にもノートに書かれた電卓をエコースマートペンでタップすると、そのとおりに計算をしてくれる機能や、ノートに書いた鍵盤をタップすることで音楽を奏でることもできます。(この機能が必要かどうかはわかりませんけどね)

 

エコースマートペンの感想

エコースマートペンを実際に使った人の感想は、特に英会話などで重宝したと言っていました。なるほど、確かに英会話でメモを取っておけば、先生の話した部分とメモ部分がダイレクトで再生されるため、思い出しながらレッスンの復習ができます。

 

また、英語の発音を再生しながら聞けるのでものすごく効率が良いです。

 

しかしながら、エコースマートペンの使用には専用ノートが必要です。普通のノートに書いたものをタップしてもまったく反応しません。この専用ノートを購入する必要性があるため、エコースマートペンはランニングコストがかかるという感想をしている人がいます。

 

専用ノートは4冊で3200円くらいします。一冊八百円のノート。うん、高すぎる。(-∀-`; )

 

ただ、ノートの使い分けをすればエコースマートペンはかなり重宝すると思います。会議や英会話の時はエコースマートペンと専用ノートを使い、復習をする時は普通のノートを使うという使い分けです

 

普通の復習の時に専用ノートを使う必要はないのですからね~。ただ、もう少し専用ノートが安ければ、もっと使いやすくなるのにと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ