コレステロールの正常値に落とし穴!LH比を計算しよう

コレステロールの正常値に落とし穴!LH比を計算しよう
前から気になってたんです。コレステロールにはHDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)がありますが、なぜ正常値内にあるのに動脈硬化や心筋梗塞になる人が増えるのか。

 

そんな疑問を持っていましたが、ずっと調べずにいました(*ノω・*)テヘ。しかし健康番組でコレステロールの違いと、正常値内にあるのに動脈硬化などになる理由などが紹介されていました。

 

コレステロールの種類

まず最初に、コレステロールに悪玉と善玉の名前が付いていますが、そもそもこの名前のネーミングからして誤解を与える名前です。

 

なぜなら、コレステロールには善玉も悪玉もないからです。コレステロールはコレステロール。細胞を作ったり肌のハリを整えたり、骨を丈夫にしたりいくつも重要な役目を持っています。

 

ではなぜコレステロールは悪者扱いされてきたのでしょうか。それは、増えすぎたコレステロールが血管を硬くして、動脈硬化を促進し心筋梗塞などの大病を引き起こす可能性があるからです。

 

要はバランス。コレステロールは生きていく上で絶対に必要なものですが、暴飲暴食や運動不足などで体内のコレステロールが増加。それが血管内に溜まって動脈硬化や心筋梗塞に原因になるのです。

 

HDLとLDLの違い

ということで、ここからはコレステロールを正しく伝えるため、善玉や悪玉という名前は使わずHDLとLDLという名前で話を進めます。

 

ちなみにHDL=善玉コレステロール、LDL=悪玉コレステロールです。

 

そもそもコレステロールは肝臓で作られます。よく「卵などはコレステロールの塊」と言われます、実は経口摂取で増加する割合は、体内のコレステロールの総量の約2割~3割。残りの8割~7割は肝臓で作られます。

 

さて、コレステロールは細胞が必要とする成分です。しかし血液中にそのままコレステロールを放出するわけにはいきません。コレステロールは油の塊ですから、水の多い血液の中では上手く流れないのです。

 

そこで肝臓くんは考えました。「コレステロールに袋を被せて血液内を移動させれるようにしよう!」。

 

その袋というのがリポタンパク質です。タンパク質は血液内の成分と相性が良いので、スムーズに運搬されるため、肝臓くんはタンパク質でできたリポタンパク質を袋にして、その中にコレステロールを入れて運ぶようにしたのです。

 

肝臓から排出されたリポタンパク質の中は、細胞にたくさんコレステロールを届けるため中身がいっぱいに詰まっています。この状態がLDLです。

 

細胞は血管内を通って配達されてきたリポタンパク質の中のコレステロールを受け取ります。いくつかの細胞に配るとリポタンパク質の中身は徐々に減っていきます。この減った状態をHDLと言います。

 

HDLは血管内に存在するコレステロールを回収して肝臓くんに戻します。血管内にコレステロールがあると動脈に作用して動脈硬化を促進させますからね。

 

これがHDLとLDLの違いです。

 

LH比の計算方法

上記を見ても分かる通り、HDLとLDLのバランスがとても重要です。LDLが多すぎると血管の壁に多くのコレステロールを押し込んでしまいます。

 

HDLが多ければ血管の壁からコレステロールを回収するため問題はないのですが、HDLが少ないと血管内のコレステロールを回収できずに動脈硬化が進んでしまい大変です。

 

つまり、HDLとLDLのバランスが動脈硬化やその先にある心筋梗塞の可能性に大きく関わってくるのです。

 

その比率をLH比と呼びます。
LH比の計算方法

LDLコレステロール(悪玉)÷HDLコレステロール(善玉)

 

この計算で導き出された答えが、2.0以下なら正常値。それを超える場合はLDLが多い状態ですので、早急に対策が必要です

 

※なお、動脈硬化が始まるのが1.5からです。2.0を超えると動脈硬化が進んでおり、2.5を超えると心筋梗塞の危険性が高まります。

 

これまでは・・・

LDLの正常値は70mg/dl~140mg/dl
HDLの正常値は45mg/dl~95mg/dl

と言われていました。

 

例えばLDLの値が135mg/dlでHDLの値が45mg/dlでも『異常なし』の診断だったのが、LH比にあてはめて計算すると3.0になります。

 

コレステロールを運ぶLDLに比べると、血管の壁のコレステロールを回収するHDLが少ないという状態です。これでは動脈硬化が起こっても全くおかしくありません。

 

今後はこのLH比もコレステロールの把握に必要な指標になっていきます。なお、総コレステロール値(LDLとHDLの合計+2×中性脂肪)も正常値があります。

 

LH比がいくら正常でも総コレステロール値が正常値に入っていないと、『体が求めるコレステロールの総量が足りていない』ことになるので、コレステロールを摂取しないというのは間違いです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ