ココナッツオイルの効能

ココナッツオイルの効能
ココナッツオイルには素晴らしい効能があると言われています。2013年のアメリカの雑誌「サイエンス」で発表された論文によると、ココナッツオイルがアンチエイジング効果があると言うものです。

 

それだけでなく、美容や健康に良い効能があると言われるココナッツ。どのような効能があるのかまとめてみました。

 

ココナッツオイルの素晴らしい効能

ココナッツオイルは体内で分解されるとケトン体と呼ばれる物質が発生します。実験では、ココナッツオイルから分解されたケトン体に体内の活性酸素を取り除く効果があることがわかりました。

 

また、免疫力アップの効能もあります。ココナッツオイルに含まれている「ラウリン酸」と呼ばれる成分が働くためです。

 

ココナッツオイルを摂取してもコレステロールが増えないと言っている専門家の方もいます。実際、ココナッツオイルを愛用されているセレブの方は、油を摂取しているにもかかわらず太っている方は少ないです。

 

お通じも良くなりますから、宿便などで発生する肌荒れなどを予防する効能も期待できます

 

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルはさまざまな料理に使えます。通常使っている油の代わりにココナッツオイルを使うこともできますし、飲み物(ホットコーヒーなど)の中に溶かして飲むこともできます。

 

ココナッツオイルを愛用し続けている海外の女優、ミランダ・カーさんは、ココナッツオイルを熱い緑茶に入れて飲むのが好きなのだとか。

 

飲み物に使うときは小さじ1杯を目安に。そのままはちみつと一緒に食べている方もいます。

 

お菓子を作るときにココナッツオイルを使う方もいらっしゃいます。

 

ココナッツオイルは風味もありますしコクが出ます。さらっとした油なのでベタベタしないのもココナッツオイルの特徴です。

 

固まる温度がだいたい25度以下ですので、体内に摂取しても問題ありません。

 

ココナッツオイルの一日の摂取量の目安は、だいたい大さじ2杯が目安です。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ