電流でめまい改善

電流でめまい改善
めまいやふらつきは生活の質を低下させる症状です。特にめまいやふらつきが継続すると、吐き気や嘔吐などの症状を伴うため、かなり辛い状態が続きます。

 

めまいやふらつきの原因はさまざまで、これまで原因はわかっていませんでした。平衡感覚を司る内耳や前庭などになんらかの障害が発生すると推測されていますが、確かな原因はわかっていません。

 

電流でめまいの症状が改善

そんななか、東大医学部附属病院である臨床試験が行われました。耳の後ろに電流を流す装置を装着し、電流を流すことでめまいの改善を図るという試験です。

 

めまいの原因を内耳や前庭の機能低下にあると捉え、電流を流すことで該当箇所を刺激し、反応を高めるというものです。

 

これは確率共振(確率共鳴)という現象を利用した方法で、すでに聴覚障害などの改善治療に使われている技術です。

 

確率共振(確率共鳴)とは
ある信号に微弱なノイズを加えると、その信号が強まったり反応が強まったりする現象です。電子回路などの物理系で知られている現象ですが、電気信号を発する神経伝達システムでも同様の現象が存在します。

 

めまい改善のために用いる電流をさらに簡単に説明すると、内耳や前庭に電流という刺激を与えると、内耳や前庭が喝を入れられて機能が向上するというイメージです

 

東大医学部附属病院の臨床試験では、健常者で38%、前庭機能障害者で45%の方に体の揺れやめまいの改善が認められたということです。

 

完治というわけではありませんが、少しでも機能が回復することで生活の質が向上するのであれば、めまいやふらつきで苦しんでいる方にとっては朗報と言えると思います。

 

電流によるめまい改善の副作用

電流を耳の後ろから発生させるのですから、どうしても副作用というのが気になりますが、痛みなどの副作用はありません。

 

電流を流すと言っても体が感知するほどの電流は流さないため、痛みや不快感で装置が使えないということはないのです。

 

めまいの原因は明らかにはなっていませんが、運動やストレッチなどの運動改善や、生活の見直しで改善することも多々あります

 

電流によるめまい改善を行いながら、運動などによる体質改善も行うことでさらに効果が期待できると思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ