ドックベストセメント治療のメリット・デメリット

ドックベストセメント治療のメリット・デメリット
ドックベストセメント治療は痛みのほとんどない、新しい歯の治療方法です。今までの歯の治療方法といえば、ドリルのようなもので歯を「ちゅいーんんんん」と削るタイプの治療方法が主流でした(>_<)

 

ドックベストセメントはドリルは使うものの、ほとんど痛みはなく、しかも一回の治療で虫歯を殺菌し、神経を削り取ることなく治療することができます。

 

ドックベストセメント治療のメリット

ドックベストセメント治療のメリットは、ずばり歯の治療で痛みが少ないことです。通常、神経に達しそうなほど深い虫歯は、菌を取り除くためキレイに削り取らないといけませんでした。

 

しかしドックベストセメント治療なら、虫歯の穴にドックベストセメントを流しこむだけで治療は終了します。神経を取り除くような痛い治療はしなくて済みます。治療回数が少ないのは大きなメリットです。

 

従来の歯科治療方法だと、本来なら虫歯以外の部分も削り取らないといけないのですが、ドックベストセメント治療なら健康な部分をほとんど削り取らないので、歯が長持ちします。

 

健康な歯を保ち続けるというのは、年齢を重ねるとどれだけ大事か痛感するもの。歯にやさしい治療方法と言うのもメリットです。

 

ドックベストセメント治療のデメリット

ドックベストセメント治療のデメリットは、使われている材料に対してアレルギーがあると使えないということ。使われているセメントの主成分は銅です。

 

銅イオンが虫歯を殺菌して治すというのがドックベストセメント治療の仕組みなのですが、銅にアレルギーがあるとこの治療方法は使えません

 

といっても、銅は人体で普通に消費されるミネラルです。アレルギーの心配はあまりありません。どちらかと言うと、かぶせに使う銀の方が銅よりもアレルギーが出やすいです。

 

その他のデメリットとして、すでに痛みがある虫歯にはドックベストセメント治療が使えないという点があります。痛みがあるということは神経に虫歯が到達しているということ。こうなると神経を抜く治療が必要になります。

 

あと、最大のデメリットとしてドックベストセメント治療は保険が効きません。これほど完璧で予後の良い治療方法に保険が適応されないというのは本当に意味不明です。

 

銀をかぶせた治療方法は、かぶせた下の部分から虫歯になることはよくあります。しかしドックベストセメント治療は銅イオンで虫歯を殺菌するため、虫歯の再発が非常に少ないのです。

 

となると、ドックベストセメント治療はこれまでの歯科治療よりも医者にかかる回数が減るため、劇的に費用が減らせるようになります。そうなると保険にかかる税金も減らせます。

 

日本国民が声を挙げて、こういった健康保険にかかる税金の費用削減を推進していかないといけないのかもしれませんね。

 

ちなみに、ドックベストセメントにかかる費用は一本8,000円程度。高いですが痛みが嫌な人はドックベストセメント治療方法をオススメします。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ