夢の扉 希少糖

夢の扉 希少糖
夢の扉で紹介される希少糖。全世界から注目されている新しい糖です。といっても、自然界にはわずかながらに存在していた糖ですけどね。

 

この希少糖の研究をしていたのが香川大学の何森健教授らです。香川大学の何森健教授らは希少糖を大量に作り出す研究をしていました。

 

希少糖は砂糖のカロリーの1/10程度です。これだけでもすごい効果なのですが、香川大学の何森健教授らは研究で希少糖のさまざまな効果があることを明らかにしました。

 

・抗癌作用
希少糖の一つであるD-アロースに抗癌作用が認められました。しかし、がん細胞の種類によっては効果のない場合もあります。

香川大学の何森健教授らは、さらなる研究が必要だと言っています。

 

・神経細胞の大量死を防ぐ
虚血状態における海馬の神経細胞死を防ぐ効果があることがわかりました。こちらも希少糖の一つであるD-アロースの効果です。

 

・インシュリン分泌効果
希少糖のD-プシコースにはインシュリンの分泌を促す作用があります。インシュリンの分泌が悪い糖尿病の治療に利用できる可能性があります。

 

・動脈硬化の予防効果
肝臓での脂肪の合成を抑制します。そのため血中内に脂肪が増えるのを防ぎ、動脈硬化を抑制します。

 

希少糖はいくつかありますが、今現在研究が進んでいるのはD-プシコースとD-アロースの2つです。まだまだ研究は必要ですが、さまざまな薬に使える可能性があります。

 

希少糖はレアシュガーという名前ですでに販売されています。価格はまだ若干高めですが、普通の砂糖を使うよりも健康には良いかと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ