駆け込みドクター オリーブオイルを使った料理

駆け込みドクター オリーブオイルを使った料理
駆け込みドクターで腸内環境について紹介していました。その中でオリーブオイルの効果のすごさとオリーブオイルを使った料理も消化していました。

 

オリーブオイルの原産地である小豆島ですが、オリーブオイル工場の女性たちの肌がツルツルでした。オリーブオイルは腸が喜ぶオイルです。

 

日本人は良質の油が足りていない

駆け込みドクターで先生が「日本人は良質の油が足りていない」と言っていました。確かに日本では油というとサラダ油です。

 

しかしオリーブオイルの方がオレイン酸の含有量が多く、その量は70%にもなります

 

オレイン酸は腸に残って腸内の食べ物のカスなどと混ざって便の滑りを良くします。オレイン酸に含まれるビタミンEは大腸がんなどを防ぐ効果もあります。

 

揚げ物やサラダにオリーブオイルを使うと良いそうです。油をそのまま摂取するというのはなんとも抵抗がありますが、そのまま摂取するというのも腸内環境を整えるのに良いのだそうです。

 

オレイン酸は悪玉コレステロール値を下げて脂質異常症や動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。

 

日本人は大腸がんになる方が非常に多くいます。腸内環境を整えるというのは、日本人にとってとても重要なことなのかもしれません。

 

オリーブオイル×和食

駆け込みドクターで紹介していたオリーブオイルを使った和食料理があります。オリーブオイルと言うとどうしても洋食のイメージしかないのですが、和食で活用できるなら毎日の食事で摂取しやすくなります。

 

オリーブオイル×味噌
【材料】
田楽味噌の材料
黒味噌・・・100g
日本酒・・・100g
砂糖・・・20g
卵黄・・・1個

1,上記を全て鍋に入れて混ぜておく

なす・・・一つ

1,なすを縦半分に切り、切った面に網目状に包丁を入れます。
2,オリーブオイルをタップリと敷いたフライパンに、網目状に切った面を下にしてなすを入れます。
3,焼いたなすに田楽みそを乗せる。

ナスを網目状に切る理由はオリーブオイルをナスに染み込ませるためです。腸内環境を整えるオリーブオイルナス味噌田楽の出来上がりです。

 

オリーブオイル×納豆
【材料】
納豆1パック
豆腐一丁
ごま少々

1,ボールに豆腐とごまを加えてスプーンで潰す
2,納豆を入れてよく混ぜます
3,オリーブオイルを少々加えて刻んだ青じそを乗せます

豆腐はオリゴ糖が豊富で乳酸菌の餌となります。また、納豆には善玉菌を活性化させる効果があります。納豆と豆腐のオリーブオイル和えの出来上がりです。

 

オリーブオイル×キムチ
【材料】
キムチ
まぐろの赤身
海苔

1,まぐろをさいの目に切ります
2,ボールにまぐろとキムチを加えて混ぜます
3,海苔を手でもんでほぐし入れ、最後にオリーブオイルを少々加えます

 

まぐろには免疫力をアップさせるグルタミン酸が豊富に含まれています。また、オメガ3と呼ばれる良質の油EPAが豊富に含まれていますが酸化しやすいです。しかしオリーブオイルを加える事で酸化を防ぐことができます。

 

キムチは発酵食品の中でも乳酸菌が非常に多く含まれています。

 

駆け込みドクターで紹介されていた、オリーブオイルを使った料理はどれも簡単に作れます。お腹の調子が悪いときに非常に助かりますね♪


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ