脳疲労 症状と解消方法

◆脳疲労を侮ってはいけません
脳疲労とは脳が疲労することを言います。と、これだけでは説明にも何もなってないので、もう少し詳しく説明します。

脳は思考を主に司るところ、視覚を主に司るところ、嗅覚を主に司るところ、運動を主に司るところなど、いろいろな分野にわかれていることがわかっています。

これらの一つを使い過ぎると脳が休まることがないため、脳の機能が低下していきます。現代人で特に多いのが考えすぎること。

それに加えて、生物が本来持っている「~したい!」という欲求を抑えこむということも脳疲労の原因になります。

 

◆脳疲労の症状
脳疲労が続くと、思考がはっきりしなくなったり頭痛がしたりするようになります。頭にモヤがかかったような状態になる人もいれば、物忘れが多くなるという症状もあります。

ストレスでこのような症状が出ることもありますが、これも脳の疲労がたまることに原因があります。

 

例えば運動をし過ぎると筋肉痛になりますが、脳は痛みを感じることがない臓器です。そのため痛みによって脳の過活動を制限するというやり方はなかなかできません。

多くの方が「頭の働きがちょっと鈍ってきた」と感じる程度です。この自覚が更に進むと自律神経も乱れてきますし精神的にも悪い影響が現れてきます。

そうなる前になんとか脳疲労を解消すべきです。

 

◆脳疲労の解消方法
脳疲労の解消方法はいくつかあります。

・目から入ってくる情報をシャットダウンする
目から入ってくる情報を遮断することで脳は疲労感をかなり減らすことができます。昼でも1分ほど目を閉じてアロマの香りや静かな音楽を楽しむと良いです。

 

・昼寝をする
30分~60分程度昼寝をすることで脳がスッキリすることは実験でもわかっています。あまりにも長い睡眠だと夜の睡眠に影響が出ますので注意しましょう。

 

・緑の植物の香りをかぐ
昔から緑の植物にリラックス効果を感じている方は多いと思いますが、脳をリラックスさせる効果があるのは確かです。部屋に何個か観葉植物を置くのも良いです。

 

・自分を抑圧しているものを取り除く
「こうしなければならない」などの理性は確かに必要です。しかし理性が本能を抑えこみ過ぎると脳疲労が蓄積されます。モラルの範疇を踏み外さない程度に少しずつ自分の本心を開放するようにしましょう。

 

脳疲労は誰でもあるものですが、上手に疲労を解消していくことで脳のパフォーマンス力を最大限に保つことができます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ