トム・クルーズの がん 疑惑

◆トム・クルーズ、離婚後の激ヤセの原因は『がん』?

2012年の8月に離婚が成立したトム・クルーズですが、離婚後のあまりの激ヤセぶりにもしかして「がん」なのでは?という報道がされているそうです。

情報番組の中で話されていたことですが、トム・クルーズは毎月2回病院に行っており、離婚後の激ヤセとあいまってガンが噂されるようになりました。

ただ、いろいろ調べてみると「がん」が確実というわけでもないそうです。

 

トム・クルーズのお父さんは49歳の若さで大腸がんで亡くなっています。大腸がんでなくなっている人から二親等までは同じ種類のガンの罹患率が20%上昇し、50歳を超えるとさらに上昇すると書かれていました。

で、トム・クルーズは自身がガンに侵されることを非常に恐れているそうです。

 

情報番組では離婚後に病院通いが始まったと話していましたが、どうも離婚前から月二回病院へ検査に行っているみたいです。

トム・クルーズの月二回の検診が始まったのは27歳の頃から始まっており、お父さんが亡くなった年齢と同じ49歳の時には、かなり大規模ながん検診を行った事実もあるみたいです。

今回のトム・クルーズの激ヤセは、ガンに対する恐怖と離婚による激ヤセではないかと言われています。それか単に健康のために体を鍛えるようになっただけではないでしょうか。

 

真実の程はわかりませんが、20代の頃からがん検診を行なっているトム・クルーズなら、よっぽどのことがない限りガンになっても手遅れになるということはない気がします。

 

ですが一つ心配な点があります。それはガンを恐れすぎることです。自分がガンかもしれないと考えすぎるとそれにとらわれてしまい不安に取り憑かれてしまうからです。

病気だと思い込んで体が悪くなるのと一緒です。「自分は○○という病気かも・・・」と考えるとそれが頭から離れないのと同じです。

 

トム・クルーズが月に二回検診を受けているというのを考えると、そういった不安症についての心配が出てきます。私は不安障害になったので囚われることの不安のループというのが凄くわかりますから(;´∀`)

 

とは言え、私達もトム・クルーズを見習って、(週二回はさすがに多すぎますが)最低でも年に一回はがん検診をしたいものです。

あと、生命保険に入っておくのも必要だと思います。ガン特約や先進医療特約が付いていると、ガンになった時にかかる費用の負担がかなり軽くなります。もちろん早期発見が一番ですけど(o ̄∀ ̄)ノ”


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ