フェカリス菌 花粉症に良い!

◆フェカリス菌とは?
フェカリス菌が花粉症に良いというニュースがありました。菌が花粉症に良いというのはどういうことなんでしょう。

フェカリス菌とは乳酸菌の一つで、強力な免疫調整作用があるということです。安全性も確立されており、人体に使用しても問題ありません。というよりも、人の体にもともとある乳酸菌だそうです。

大きさもビフィズス菌の約1/5なので、大量に摂取することが可能。うん、フェカリス菌はなかなか体によさそうな乳酸菌のようです。

花粉症の症状_R

 

◆フェカリス菌が花粉症の症状を緩和
伊藤園の中央研究所の臨床試験結果によると、フェカリス菌を毎日摂取した結果、花粉症の症状である「鼻詰まり」「目の痒み」などの症状が緩和が有意にみられたということです。

乳酸菌は体に様々な「良い影響」を与えることはわかっていますが、乳酸菌の一部であるフェカリス菌に高い花粉症症状の緩和効果があるというのは興味深い情報です。

人の免疫は腸内が司っているという人も多くおり、そう考えるとフェカリス菌を始めとする善玉菌の存在は、人が健康に生きていく上で欠かせないものだと言えます。

あと、フェカリス菌は花粉症の症状緩和だけでなく、アレルギー症状の緩和にも効果が認められるたということです。免疫力を調整するのでアレルギー症状の緩和効果があっても不思議ではないですけどね。

 

◆フェカリス菌を始めとする乳酸菌の詳しい働き
人に良いとされる菌がどれくらい体の免疫に影響を与えているかという正確なデータは、近年調べられ始めたところですので、各乳酸菌の詳しいデータは今後増えてくると思います。

現代人は腸内バランスが崩れやすい生活をしています。ストレスによって下痢になったりすると、腸内の菌が体外に排出されやすく、病院で処方される抗生物質も腸内細菌を殺してしまいます。

一度体内から最近が消えると、外から摂取する以外に腸内の善玉菌を増やす方法はありません。一度体内に入って上手く増殖されればOKという感じです。

花粉症の季節はできるだけフェカリス菌を始めとする乳酸菌を積極的に摂取したいものです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ