いも床の作り方といも床を使ったレシピ

◆福島での過程の味 いも床は便利
私は以前福島県に住んでいました。いも床は福島会津の郷土料理の一つです、また家庭の調味料代わりのようなもので、いも床を使ったお漬物も美味しいです。

いも床の特徴は以下のとおり
・糠漬けに比べて臭くない
・味が早くしみ込む
・ぬか床のようにかき混ぜる必要がない

その他にも調味料として使うことができます。

 

◆いも床の作り方
ぬか床は糠(ぬか)を使うのに対して、いも床はじゃがいもを使っています。作り方も簡単で、冷蔵庫で密封しておけば1年は保ちます。

《いも床の作り方レシピ》
材料
・いも2個・・・250g
・砂糖・・・150g
・塩・・・100g
※材料の配分は
いも:砂糖:塩=5:3:2を目安にすると良いです。

1.まずじゃがいもを熱湯で柔らかくなるまで茹でます
2.じゃがいも皮をとり、じゃがいもをよく潰します
3.潰したじゃがいもに塩と砂糖を加えてよく混ぜたら出来上がり

いも床の作り方レシピは本当に簡単です。さて、次はいも床を使ったつけものレシピを紹介します。

 

《きゅうりのいも床漬けの作り方レシピ》
きゅうり3本を太めに切りポリ袋の中に入れます。そこに いも床を大さじ1/3程度を入れてよく揉み込み、冷蔵庫で4~5時間寝かせればOK♪

 

《ナスのいも床漬けの作り方レシピ》
ナスを多きく6つほどに切りアク抜きをします。いも床を大さじ1/3程度を入れてよく揉み込み、冷蔵庫で半日寝かせればOK♪

 

普通の漬物で使われる食材ならなんでも いも床で漬物が作れます。他の食材の調味料としても使用出来ますが、いも床はしょっぱいですので味を確かめながら使うようにしましょう。

漬物が好きだけどぬか床は混ぜるのが面倒ですし、何より匂いが気になります。いも床ならそんな手間はかかりませんから非常に楽ですよ(o ̄∀ ̄)ノ”


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ