歯のバイオフィルム除去

◆バイオフィルムは口の中にもあります
バイオフィルムとは菌が作る膜のことを言います。お風呂場や排水口でヌルヌルしている部分を触ったことがあると思いますが、あれもバイオフィルムです。

このバイオフィルムは口の中にも存在します。排水口のような菌が口の中にそのまま存在しているというわけではなく、口腔に存在する菌が固まって不溶性のネバネバしたものになったものがバイオフィルムです。

虫歯や歯周病の原因になるものと言われています。歯石や歯垢もバイオフィルムに含まれている概念になるのだそうです。

歯科_R

 

◆歯のバイオフィルム除去方法
バイオフィルムやプラークはブラッシングやデンタルフロスで除去することが可能です。毎日のデンタルケアによってバイオフィルムやプラークはコントロールできます。

また、石灰化が進んで歯石になってしまった場合は歯医者さんで除去してもらえます。「歯石除去をしてください(・∀・)ノ」と言えば保険適用内で歯石除去をしてもらえます。

ただし、歯肉検査というものをしないと保険適用にならないそうです。歯石だけ除去するというのは保険適用なりませんので、歯石除去を歯医者さんでして貰う場合は、予約時に「保険適用になりますか?」と聞いたほうが良いです。

まぁ、たいがいの歯医者さんでは「大丈夫です」と答えてくれると思います。また、丁寧に「歯肉検査後に歯垢除去を行うのであれば保険適用になります。」と答えてくれるところもあると思います。

 

バイオフィルム除去を歯医者で依頼すると保険適用外になることがあります。虫歯の治療の一環としてバイオフィルム除去を行う場合は保険適用なのですが、予防目的でバイオフィルム除去を行う場合は保険適用外になることが多いそうです。歯医者でバイオフィルム除去を依頼する場合は先に確認をした方がよさそうです。

なお、口の中のネバネバの原因であるバイオフィルムは自宅でリステリンなどの洗口液でも除去することが可能です。

洗口液は殺菌作用に長けた薬用剤なので、デンタルケアをする上で上手に活用したいものです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ