末端冷え性改善法

末端冷え性改善法
私は末端冷え性です。手足の冷えは半端ないです。ですが、末端冷え性改善法を続けていることでかなり改善されて行きました。

以前はここまで冷え性ではなかったのですが、不安障害になってから末端冷え性になり、体も冷えるようになりました。

 

◆末端冷え性の症状
読んで字の如く、体の末端が冷える症状を末端冷え性と言います。他の冷え性の場合、体全体が冷える冷え性や腰などが冷える冷え性などがあります。

末端冷え性の一番の原因は同じ姿勢を続けていることです。もちろん自律神経の乱れや筋肉量の減少なども原因になりますが、末端冷え性はデスクワークの方に多いことを考えるとやはり同じ姿勢がダメなようです。

 

◆末端冷え性の改善法
末端冷え性の改善法ですぐに効果が見込めるのが、同じ姿勢をとらないということ。1時間に一回は席を立ち屈伸を行なったり、デスクワーク中は貧乏ゆすりをするなどが手っ取り早い改善方法です。

屈伸をしたり貧乏揺すりをするとふくらはぎの筋肉が動きます。ふくらはぎは第二の心臓と言われており、末端冷え性の方はふくらはぎの筋肉を動かすことで改善されることが多いです。

また、適度な筋トレやストレスの発散も重要です。ふくらはぎの筋肉が落ちることでポンプ力が弱くなり、末端冷え性になりやすくなりますし、ストレスが掛かり過ぎると血管が細くなるためこれまた末端冷え性になりやすくなります。

食生活の改善も必要です。甘いモノは体を冷やしますので気をつけるようにしましょう。

末端冷え性は体からの重要なサインです。体のサインを見逃さないようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ