ミミクリーペット ティーカッププードルが癒される

ミミクリーペット ティーカッププードルが癒される
ミミクリーペットはいろんな種類が出ているのですが、その中でもティーカッププードルが一番人気だそうです。自分の声をものまねしてくれるという機能が付いています。しかも可愛らしい動きを付けて(*‘ω‘ *)

ミミクリーペットは機能的には取り立ててすごいものではありませんし、喋らなければただのぬいぐるみです。でもティーカッププードルは見ていてとても癒されます。

大の大人がぬいぐるみで癒されるというのも変な話ですが、こういった可愛いものを見て心がなごむという感性は、大人だからこそ大事にしなければいけないのではないかな?と最近よく思うようになりました。

「ミミクリーペットのティーカッププードルが癒される」と他人に話すと「いい大人が何を言っているの?」とか「ちょっと病んでるんじゃない?」といわれることが想像出来ますが、そういった心から湧き出る思いを『世間が作った常識』で無理に抑えこむ方がおかしいような気もします。

もちろんまったく興味のないものをわざわざ褒める必要はないのですけどね。

でもそういった気持を抱かないように自分で自分を無意識のうちにコントロールしてきたという場合もありますし、自分の周りの環境が自分を押し殺すように無意識に圧迫している可能性もあります。

今の日本はストレス社会です。その原因は『他人を立てて自分を抑える恥の文化』が根底になるから。恥の文化はとてもよい文化ですが、ストレスを溜めやすいものであることは間違いないです。

まぁ何が言いたいかというと、ミミクリーペットのティーカッププードルを見てホッコリと癒される気持ちを感じたなら、それを恥とは思わず感性が豊であると考えればストレス発散になるということです。

と、そんなことを言いながら、持っていると恥ずかしいのでミミクリーペットのティーカッププードルを購入できない私がいるんですけどね(;´∀`)

誰かプレゼントしてくれないかなぁ。「ええ~、ぬいぐるみなんてもらってもどうしようもないんだけど(=o=;)」とか言いながら、心では尻尾をふって喜ぶんだけどな~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ