若年性脳梗塞の特徴とリスク

若年性脳梗塞の特徴とリスク
若年性脳梗塞とは45歳以前に発症する脳梗塞のことを言います。なぜ普通の脳梗塞と若年性脳梗塞を分けるのかというと、この二つの危険因子が全然変わるからです。

「自分は若いから脳梗塞は関係ない」というのではなく、若年性脳梗塞というものもあることを知っておきましょう。ここでは若年性脳梗塞の特徴とリスクを紹介します。

 

◆若年性脳梗塞の特徴
若年性脳梗塞の特徴は血管が避けたときにおこる強烈な頭痛です。また、心臓に穴が開いていたり足の血管が詰まっていることで、その血栓が頭の血管で詰まって脳梗塞を起こすこともあります。

 

また、膠原病や血管炎などいろいろな要素が原因となっています。

脳梗塞は年をとった方に多いというイメージですが、脳梗塞になる原因は老化だけではありません。このため若年性脳梗塞や小児脳梗塞も存在します。

 

◆脳梗塞のリスク
脳梗塞のリスクは記述の通りさまざまありますが、喫煙や飲酒、脂質異常や糖尿病、高血圧や加齢などが代表的なものとして挙げられます。

また生活のリズムの乱れや食物の栄養バランスなども脳梗塞に影響をあたえることがわかっています。

 

老化による脳梗塞は特に女性に影響を与えます。女性ホルモンは血管を守っているのですが、老化によって女性ホルモンが減少してくると血管がもろくなり、脳梗塞になりやすくなります。

 

もちろんこれらの状態になったら必ず脳梗塞になるというわけではなく、逆に上記に当てはまらなくても脳梗塞を発症することはあります。

 

脳梗塞には予兆があることもあるため、この予兆を見逃さず脳梗塞のチェックするようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ