モデコ(MODECO)のアップサイクル

モデコ(MODECO)のアップサイクル
モデコ(MODECO)はアップサイクルを行う名古屋の会社です。最近ではモデコ(MODECO)という名前がひとつのブランド名として扱われています。

 

アップサイクルとはリサイクルのパワーアップバージョンで、廃材を普通のリサイクルのように元に戻すのではなく、一歩進んでさらに新しく美しいものに仕上げ直すというのがアップサイクルです。

 

モデコ(MODECO)では産業廃棄物などを元に丈夫でデザイン性の高いものを作り出しています。

 

産業廃棄物と聞くと危険なものというイメージがありますが、企業が廃棄するゴミはすべて産業廃棄物です。例えば布メーカーが廃棄する布なども産業廃棄物に含まれます。

 

モデコ(MODECO)は消防署から出た制服をアップサイクルして鞄を作ったり、車のシートベルトをアップサイクルして新しいものを作ったりします。

 

言葉だけを聞くと「それって本当にお洒落なの?」とおもわれると思いますが、モデコ(MODECO)がアップサイクルして発売する服はそれなりの値段がするにも関わらず女性から大人気になっており、モデコ(MODECO)の名前も女性を中心に広まってきています。

 

また、モデコ(MODECO)は大手百貨店などで期間限定で出店しています。これはモデコ(MODECO)の売り込み(最初はわかりませんが)ではなく、百貨店からの出店要請で出店しているのだとか。

 

それほどモデコ(MODECO)は人気があるということなのでしょう。特に会社がある名古屋ではちょくちょく出店しているようです。

 

アップサイクルという事業形態のためモデコ(MODECO)は店舗を構えるというのが難しいのかもしれません。しかし通販では様々なアイテムを販売しています。通販なら店舗販売のように品切れにはなってもそこまで問題はないですからね。

 

モデコ(MODECO)のようなアップサイクルを事業形態とする企業は増えてきています。今後はもっと様々な分野でアップサイクルの考え方が広まっていくとおもいます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ