インビザライン矯正のメリットとデメリット

インビザライン矯正のメリットとデメリット
インビザライン矯正は「見えない歯科矯正」として話題になっている矯正方法です。これまでの歯科矯正と言えばワイヤーで矯正する方法が一般的でした。

 

このインビザライン矯正は透明のマウスピースを歯に被せるので一見しただけでは付けていることがわかりません。透明ですからね。

 

歯科矯正に新しい革命を起こすと思われるインビザライン矯正のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

■インビザライン矯正のメリット
・目立たない
透明のマウスピースなのでつけていても目立ちません。ワイヤー矯正の場合は見えているのがわかるため、見た目にもよくありませんでした。

 

・取り外しができる
一日の装着時間は20時間程度必要ですが、歯を磨く時やフロスをするときに取り外すことができます。プラークコントロールが常識になっている現在、取り外しができるのはとてもすごいメリットです。

 

また、食事中の取り外しができるのでワイヤー装着時のような、食べ物がこびりつくという心配ものありません。

 

・口内炎の心配が少ない
ワイヤー矯正の場合は口内に金属部分が当たるため口内炎が日常的にできる場合もよくありました。インビザライン矯正の場合はそういった心配がほとんどありません。

 

・痛みが少ない
一番のメリットは痛みが少ないという点です。インビザライン矯正は最大0.24mmまでの圧力しかかからないように設計されています。それを二週間ごとに付け替えることで徐々に強制していきます。

 

ワイヤー矯正は月に一度一気に矯正するためとても痛いというデメリットがありました。日常的にかかるストレスがほとんどなくなるというのはとても凄いメリットです。

 

なお、二週間ごとに付け替え時しばらくは歯の圧迫感は感じます。歯の矯正をするので当たり前ですが、じきになれる違和感ですので、すぐに違和感はなくなります。

 

■インビザライン矯正のデメリット
今度は気になるインビザライン矯正のデメリットですが、いろいろ調べてみたのですがワイヤー矯正と比較するとデメリットが見当たりませんでした。

 

歯茎が下がるというデメリットもみかけましたが、歯医者の話だと因果関係はないということでした。

 

また、すべての歯にインビザライン矯正が可能というわけではありませんが、これはワイヤー矯正も同じです。デメリットという範疇には含まれません。

 

ただし一点デメリットがあります。それが費用です(-∀-`; )

 

インビザライン矯正はオーダーメイド治療で、各個人に合わせた矯正器具を作ります。そのため費用が高くなります。

 

クリニックによって違いますが、だいたい70万円~100万円くらいの費用がかかるみたいです。

 

このデメリットはかなり大きいですが、これまでのワイヤー矯正に比べると痛みが少ないと言う点を考えるとインビザライン矯正の方が体への負担は少ないように感じます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ