どろんこ幼稚園ってどうなの?

どろんこ幼稚園ってどうなの?
どろんこ幼稚園がテレビで紹介されていました。園児たちはどこんこになりながら楽しそうに自然の中を遊びまわっていました。

 

もともと幼稚園児くらいの年代は自分で遊びを作り出して遊びます。自然の中で遊びを見つけることで人間力が養えるというコンセプトが どろんこ幼稚園にあるようです。

 

テレビを見ていて「懐かしいな~」と微笑ましくなりました。30代の方々の多くはギリギリどろんこ遊びをしていた年代だと思います。

 

それ以下の年代になると どろんこ遊び自体が「汚いもの」「汚れるもの」として敬遠されていたことが多いようです。現に私の甥っ子や姪っ子もどろんこ遊びなどはしていません。

 

どろんこ遊びをするといろんなメリットがあります。その一つが「免疫力の向上」です。小さいうちに自然の中から弱~い細菌などを体に取り込むことで免疫力が向上することが研究でわかっています。

 

また、どろんこ幼稚園では食育、飼育、などのふれあいや、稲刈りや畑仕事なども行います。大人でも忘れがちですが、今食べているものはすべて動物や植物かた作られたもの。

 

そのことを小さい頃から知っておくことで『食』に対して謙虚な気持ちを持ち続けることができるようになります。小さい頃からこういったことに触れておくと食べ物を粗末にするという考え方は起きにくくなりますからね。

 

ちなみに『どろんこ』を変換すると泥ん子という文字に変換されました。なるほど、泥にまみれて遊ぶ子供だから『どろんこ』なのですね~(*‘ω‘ *)

 

どろんこ幼稚園は東京近郊を中心に10幼稚園ほどあります。残念ながら大阪や名古屋以西にはまだないようですが、人気が高い幼稚園ですので今後は似たようなコンセプトの幼稚園がもっと増えてくるかと思います。

 

別にどろんこ遊びはどろんこ幼稚園だけでしかできないわけではないんですけどね(*‘ω‘ *)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ