夏の寝苦しい夜を快適に過ごす対策

夏の寝苦しい夜を快適に過ごす対策
梅雨の時期もそうなのですが、それよりも一段と寝苦しくなるのが夏の夜です。「じゃあクーラーを付ければいいじゃない」と言われそうですが、私、クーラーが本当に苦手なんです。

 

なので夏はもっぱら窓を開けて自然の風で寝ています。でもやはり暑さで起きてしまうこともあります。起きることがなかったとしても、翌日朝目覚めると「体がダルい~」ということもよくあります。

 

扇風機は自然の風とは違うためどうしても違和感が出るんですよね~。

 

ではなぜ夏の夜は寝苦しいのでしょうか。一言でいえば『暑いから』なのですが、風が吹いている夜はそれなりに快適に寝れています。ここに寝苦しい夜を快適に過ごすヒントがあります。

 

風が吹いている⇒寝やすいということは、体から発散される熱が良い感じになくなるので寝やすくなるということ。

 

つまり、体温が体の周りにまとわりつくのを解消できれば夏の夜も快適に寝ることができるのです。

 

クーラーを付けて寝ると体がしんどくなるのは、体が過剰に冷やされるため体温を余計に発熱しないといけないからです。エネルギーを多く使うんですね。

 

この原理は扇風機でも同じです。扇風機の風が体の同じ場所に当たり続けると良くないと言われるのと同じです。

 

最近では布団の下に風通しを良くして熱を逃がすグッズも販売されています。エアコンマットと言うものです。布団にこもる熱を下から外に逃すことで体の周りの熱を拡散させているわけです。

 

下手にクーラーを使うよりもこちらのほうがよほど快適に寝れます。

 

背中に汗をかいて起きたらベショベショになっているという人や、クーラーで喉をやられてしまう人、単純に私のようにクーラーが嫌いな人などは、エアコンマットなどを使うと良いと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ