幹細胞投与で若返り でも副作用に注意!

幹細胞投与で若返り でも副作用に注意!
美容業界は日々進歩しています。最近注目されているのが幹細胞を皮膚に投与して若返りを狙う再生医療を組み込んだ美容方法です。

 

若々しい肌を保てるのであれば私もやってみたいと思ってはいるのですが、幹細胞投与による若返り方法はまだまだ臨床試験段階。

 

日本の美容業界で広まっているのはもしかしたらそれなりの効果があるからなのでしょうが、幹細胞投与の予後がどのようになるのかは今のところ安全性は保証されていません。

 

■幹細胞投与の副作用
幹細胞投与で若返りを狙うという美容方法はまだできたてホヤホヤなのですから、予後の安全性は立証されていないのは当然です。

 

実際、美容クリニックで幹細胞投与を行った方に副作用が出たという方もいます。しわ取りを目的とした幹細胞の注射を受けた箇所が膨らんで顔中がコブだらけになったという人もいます。

 

また、難病を克服するために幹細胞を点滴で受けた方が心肺停止で亡くなったという事例もあります。

 

幹細胞投与自体が良くなかったのか、また投与するときの体制に不備があったのかはわかりませんが、少なくとも幹細胞投与の予後の安全性は確立されていません。

 

それどころか、幹細胞を投与したことでどのような副作用が出るのかもまだわかっていないのです。

 

ips細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授も受賞が決まった時、「まだ実用性が確立していない段階で受賞が決まったのでとても驚いた」と言っていました。

 

また、「今後は実用性に向けて研究をしていきたい。」とも話しています。動物を使った実験ではそれなりの効果はあるようですが、人に使用して大丈夫かどうかはまだこれからの段階なのです。

 

■「自分の細胞だから安全」というわけではない。
幹細胞は自分の細胞なので安全であるという考えが広まっています。確かに他人の細胞を使うよりは安全です。しかしそれは拒絶反応が出にくいという意味での安全です。

 

投与することで人体に起こる変化について「安全である」と言っているわけではありません。既述の通り、幹細胞を投与した部分だけがコブだらけになることもあります。おそらく幹細胞を投与した部分だけ細胞分裂が促進したためでしょう。

 

日本の美容業界で広まっている幹細胞投与は今現在、データを収集している状態だと考えて良いと思います。副作用や安全性についてはまだまだこれからです。

 

幹細胞投与を行う場合は上記の事を理解した上で、自己責任で投与の判断を行なってください。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ