パソコン仕事でテニス肘発症?

パソコン仕事でテニス肘発症?
パソコンをしすぎることでテニス肘と診断される会社員の方が増えているという記事を見つけました。その方々の多くはテニスをしていないのにも関わらずです。

 

パソコンでキーボードを打っていると手首が痛くなる人は多くいますが、前腕全体に負荷がかかっていることは容易に想像出来ます(-∀-`; )。

 

キーボードを打つという作業は実は思った以上に指や前腕に負担をかけています。指や手や前腕の腱を酷使していますし、これらの部位の筋肉は小さいものが多いのでキーボードを打つというのは思った以上に体に負担をかけているのです。

 

■パソコン仕事によるテニス肘対策
パソコンをしないで仕事をするというのが難しくなってきた昨今、テニス肘の対策もキチンとしておきたいところです。

 

私は手首や首肩の負担を軽くするためにいろいろな対策をしています。そのためテニス肘はおろか腱鞘炎で悩まされるということはなくなりました。

 

《対策その一》
一番簡単に出来る対策がリストレストです。手首を置く柔らかい棒状のものをキーボード手前に置き、キーボードを打つときに手首を乗せれるようにしています。

 

《対策その二》
私達が普通に使っているキーボードは完全な形をしていません。キーボードを打ちやすいような構造になっていませんし、多くのパソコンはキーに押しこむ時に力が要ります。要はキーが硬いため、押すのに力が必要なのです。

 

あまりこの部分にこだわる人はいませんが、手首や肩こり、前腕部分の痛みに悩んでいた私はこの部分を改善することで様々な辛さから開放されました。

 

少し高いのですが東プレから販売されているREAL FORCEというキーボードを使用しています。軽いタッチでキーを打てるので本当に楽になりました。

 

願わくばアルゴリズムに特化したキーボードだったら良かったのですが、何万回もキーを叩くことを考えるとこのキーを押しこむ硬さに注目したのは正解だったと思っています。

 

 

パソコン仕事でテニス肘と診断される方は、せめて対策その一で紹介したリストレストは使用するようにしてください。対策その二は少々お金がかかりますが、パソコンで仕事をする人は必要経費だと思って買い換えたほうが良いと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ