寒暖差アレルギーの症状と対処方法

寒暖差アレルギーの症状と対処方法
去年辺りから春になるとくしゃみが出るようになりました。「ああ・・・、とうとう花粉症になったのか・・・ε3=(-Д-`)」と思っていたところ、テレビで寒暖差アレルギーというものの特集をしていました。

 

「寒暖差アレルギー?」。寒いときと暖かいときの差でアレルギーの症状が出るというものです。でも寒暖差アレルギーの場合は普通のアレルギーと根本的に異なっている部分があります。

 

それはアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)がないこと。

 

■寒暖差アレルギーの症状
寒暖差アレルギーは温度差のあるところにでるとくしゃみが出たり鼻水が出たりするというもの。一見するとアレルギーのような症状ですが、この症状は実は体の自律神経の反応によるもの。

 

本来に人間の体の血管は寒い時には収縮し暖かい時には拡がる性質を持っています。寒暖差が大きくなるとこの血管の伸縮が間に合わず自律神経が乱れるようになります。

 

そのため、症状は鼻水だけでなく自律神経の乱れによる疲れやイライラなどの症状が出ることもあるそうです。

 

特に自律神経系が乱れがちな生活をしている人はその症状が出やすいことも。私もそれに当てはまるため、春先や秋口になるとくしゃみや疲労などの症状が出てたのだと思います。

 

■寒暖差アレルギーの対処方法
自律神経の乱れによっておこる寒暖差アレルギーですが、対処方法はその寒暖差を縮めることにあります。

 

寒暖差に対応できる温度差は7度と言われているみたいなので、その範囲で治まるように服の着脱などで調整すると良いそうです。

 

それと自律神経が乱れがちな人はその原因から対処することで寒暖差アレルギーの症状も改善されると思います。

 

また、筋肉を付けることで体の発熱機能は高まりますから、それで寒暖差アレルギーの症状が改善されるということもあると思います。

 

実際、男性よりも筋肉が少ないとされる女性のほうが寒暖差アレルギーの症状が出やすいそうですから(・∀・)ノ。

 

寒暖差アレルギーの原因は寒暖差にありますから、薬などで治すということはできません。

 

まぁ過敏に反応しやすいという方は自律神経が乱れていることもあるため、それを治すための薬で間接的に寒暖差アレルギーの症状も回避できるかもしれませんけど。

 

少なくとも寒暖差アレルギーを薬で治すというのは現実的ではないと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ