ピンピンコロリの秘訣

ピンピンコロリの秘訣
ピンピンコロリというのは、元気よく生活している(ピンピンしている)状態で寝たきりなどにならずに寿命が来たらコロリと亡くなることを言います。

ピンピンコロリで寿命をまっとうするにはいくつかの秘訣があります。意外と簡単なことなのですが出来ていない人も多いです。

 

■ピンピンコロリの秘訣
ピンピンコロリの一番のポイントは『体の本来の機能を維持すること』です。体はあたり前のことですが生きています。無機物ではありません。

 

また、体は老化以外にも使わない部位や機能は徐々に衰えていくという性質を持っています。一番わかり易いのは筋肉です。老化でも筋肉は衰えていくのですが、使わないと加速度的に落ちていきます。

 

この性質は筋肉だけでなく、骨や血管なども同様です。ではどうすれば体の機能を向上させることができるのでしょうか。

 

一番は体を動かすこと。スポーツをすることなどです。体を動かすと筋肉も維持出来ますし血流も盛んになりますから血管も強くなります。

 

ピンピンコロリで次に重要なポイントは『体を痛めつけないこと』です。喫煙や過度の飲酒などは体を痛める行為ですので避けるべきです。また薬物の使用も体には良くないです。

 

病院などでよくもらう薬ですが、薬は基本的には体の機能を弱めることが多いです。もちろん病気などで服用することはあるとは思いますが、ちょっとした風邪などで毎回薬を飲むというのは考えもの。

 

日本の病院はよく薬を処方しますが、先進国から見ると日本の薬の処方量はかなり多いと言われています。必要なときには飲むべきですが、「とりあえず飲もうか」というのはやめた方が良いです。

 

ピンピンコロリでもう一つ重要なことが『精神的ストレスをためないこと』です。日本の病院ではこころとからだを分けて考える傾向がありますが、こころとからだはつながっています。

 

精神的なストレスを受けると体は固まります。筋肉や血管も収縮します。また、内蔵やホルモンバランスも崩れることがわかっています。

 

これらのことを自然と行えるように生活の質を変えたり考え方を楽にすることで、ピンピンコロリの人生を遅れる可能性が高くなります。

 

人生、楽しんで生きたいですからね(o ̄∀ ̄)ノ”


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ