ブルーマンデー症候群の症状と対策

ブルーマンデー症候群の症状と対策
ブルーマンデー症候群という言葉は以前からありました。でも最近になってクローズアップされてきているということは、それだけ月曜日に気持ちが落ちることに悩んでいる方が多いということでしょう。

 

ちなみにブルーマンデー症候群は月曜病とも言われています。『月曜日になるとブルーな気持ちになる症候群』=『ブルーマンデー症候群』です。

 

■ブルーマンデー症候群の症状
ブルーマンデー症候群は別に病気として認定されているわけではありません。ですが、月曜日になると「はぁε3=(-Д-`)」となる人が多いため症候群として呼ばれるようになりました。

 

症状としては「やる気がでない」「なんとなくダルい」「会社に行きたくない」「学校に行きたくない」「集中できない」などの症状が出ます。

 

土日に休日を満喫した次の日ですから、体が仕事モードに変わっていないことからブルーマンデー症候群は起こります。

 

仕事が楽しみ!という方はこういった症状は起こりません。また、職場に行っても楽しい人がいるとか、気になっている人がいるという場合もブルーマンデー症候群にはなりにくいです。

 

■ブルーマンデー症候群の対策
ブルーマンデー症候群の原因は『仕事(勉強)をしなければならない』というストレスに加え、休みの後の仕事というギャップが辛いことが原因です。

 

対策として、日頃から抱えているストレスを平日でも発散できるようにすることが大事です。また、気持ちを切り替えるために、月曜の朝にちょっとした楽しみを持ってくるというのも対策の一つになります。

 

気持ちがシャッキリとする香水や服装を選ぶというのも気持ちを挙げるのに役立ちます。

 

また、日曜日の夜はギリギリまで遊んだりPCをしたりというのは避けましょう。脳が活発化したまま眠りにつくと疲れが取れず、翌日スッキリしないことが多いです。

 

せめてブルーマンデー症候群対策として日曜日の夜くらいはゆったりとした夜を過ごすように心がけたいものです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ