マエケン体操のやり方と効果

マエケン体操のやり方と効果
広島東洋カープに所属している前田健太ことマエケンのウォーミングアップで行なっているマエケン体操についてまとめてみました。

 

マエケン体操にどういった効果があるのか。また、マエケン体操のやり方などを紹介します。

 

■マエケン体操の効果
まず前田健太投手が行なっているマエケン体操の効果について。

 

前田健太投手はピッチャーですので肩周りの筋肉の柔軟性が重要になってきます。肩や肩甲骨が固いままでは投球に影響をあたえるのは必至です。

 

そういったことから前田健太投手はウォーミングアップでマエケン体操を行なっています。マエケン体操の動きは肩甲骨まわりの柔軟性を高める効果が期待出来ます。

 

前田健太投手はプロアスリートですので日頃から肩や肩甲骨の筋肉を鍛え、柔軟性を高める運動を行なっています。ですので、マエケン体操はアスリート用の柔軟だと捉えたほうがよいです。

 

運動経験のない人がマエケン体操を行うと、肩甲骨の柔軟どころか筋を痛めることにもなります。スピードと回数を落とせばアスリートでない方でもよい柔軟効果はあると思います。

 

肩こりや首こりの解消、脳への血流アップなどの効果も見込めるのではないかと(・∀・)ノ。

 

■マエケン体操のやり方
マエケン体操のやり方は簡単です。難しくもありません。

 

1,足を肩幅に開き軽く体を前に曲げる。このとき背中を丸めないように。
2,肘を曲げて手のひらを上に向ける。
3,その状態で肘を後ろから肩の上を通って前にグルグル回します。10回~20回程度。

4,最後に両肘を左右に開いて胸筋を開き肩甲骨をキュッキュッキュッと閉めます。

 

前田健太投手がマエケン体操を見ていて気がついたのですが、手が前を通るとき手のひらは体のほうを向いていました

 

マエケン体操を自分でやってみてわかったのですが、手のひらが体の方に向いているやり方のほうが肩甲骨の中心部の筋肉が伸びている感じがしました。

 

最初はゆっくりのペースではじめ、体がほぐれてきたらスピードアップをすると良いと思います。遠心力の力も借りて肩甲骨まわりの筋肉が伸びる。マエケン体操にはそんな感じもありましたので。

 

肩甲骨まわりの筋肉は意識しないと普段の生活では動かすことはありません。マエケン体操などで肩甲骨の周りの筋肉を動かすようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ