デスモイド腫瘍とは?

デスモイド腫瘍とは?
デスモイド腫瘍とは基本的には良性腫瘍の一種で、罹患率は100万人に年間2~4人が発症すると言われている病気です。デスモイド腫瘍が出来る場所はさまざまで、首にできる場合や腹膜にできる場合などがあります。

 

ほうっておくとどんどん大きくなり、発生場所によっては他の臓器を圧迫することがあります。

 

デスモイド腫瘍の治療方法

デスモイド腫瘍の治療方法にはいくつかありますが、治療方法が確立しているわけではありません。

 

1,デスモイド腫瘍の切除
体内にできたデスモイド腫瘍を手術によって切除します。摘出手術は行われるようですが、切除場所に再発する可能性も高いそうです。

 

2,薬物治療
薬物を使った治療方法で、デスモイド腫瘍が小さくなったという報告もあります。薬物治療による成果については、縮小は認められたものの消滅には至らなかったと書かれています。ただし二年経過後もデスモイド腫瘍の再拡大は認められなかったそうです。

 

3,放射線治療
放射線を使ったデスモイド腫瘍の治療です。こちらの治療方法もデスモイド腫瘍の縮小は認められたものの消滅までには至っていないそうです。ただし、三年経過後もデスモイド腫瘍の再拡大はないということです。

 

デスモイド腫瘍の症状

デスモイド腫瘍の症状はできた部位によって異なります。神経を圧迫することでその神経に連なる部位に支障があらわれることがあります。

 

また、内臓を圧迫することで臓器の働きが悪くなることがあります。

 

デスモイド腫瘍のまとめ

デスモイド腫瘍は良性腫瘍に分類されますが、他の部位に転移はしないものの他の臓器などに浸潤することはありますので、完全な良性腫瘍というわけではありません。

 

アイドルグループTOKIOの国分太一さんもテレビでデスモイド腫瘍だったことを告白していました。国分太一さんの場合は切除で対応されたそうです。

 

国分太一さんは今現在も検診されているそうです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ