リボベジ(リボーンベジタブル)のやり方

リボベジ(リボーンベジタブル)のやり方
テレビを見ていると野菜を再生させるリボベジ(リボーンベジタブル)というものが紹介されていました。ネギやにんじんやトマトなどの野菜を家で育てるというものです。

 

リボベジ(リボーンベジタブル)はちょっとした家庭菜園という感じですが、マンションなどに住んでいても簡単にできるものもあります。

 

また、リボベジ(リボーンベジタブル)は自分で育てた野菜を食べることができますから、安全性が確保できるというのも利点の一つ。日本産の野菜ならともかく、中国産などの野菜は本当に危険ですから(-∀-`; )

 

■リボベジ(リボーンベジタブル)のやり方
私も以前ペットボトルとティッシュを使ってリボベジ(リボーンベジタブル)をやっていたことがあります。ニョキニョキと芽が出てかなり楽しかったのを覚えていますが、ティッシュに染み込ませた水が腐ってしまい失敗したという経験があります。

 

最近のリボベジ(リボーンベジタブル)は各野菜専用のキットが販売されています。東急ハンズではミニトマトをペットボトルで作るというリボベジ(リボーンベジタブル)キットが販売されていました。

 

水やりも簡単です。初めてリボベジ(リボーンベジタブル)をやられる方はキットを使うと良いと思います。私みたいに失敗しにくいですから。(・∀・)ノ

 

お金をかけないやり方もあります。

 

《リボベジ(リボーンベジタブル)のお金をかけないやり方》
人参の葉を作りやり方が一番簡単なリボベジ(リボーンベジタブル)かと思います。

1,にんじんのヘタを用意する
2,小さめの平たい更に下手を入れて、水を薄く入れればできあがり。

 

更に小石などを敷き詰めてその上にヘタを載せ、水を浸せばオシャレ感が増します。私はティッシュに水を染み込ませてその上ににんじんのヘタを載せていたのですが、ティッシュは使わなくても良かったようです(;´∀`)

 

リボベジ(リボーンベジタブル)は家計の助けにもなりますし、やりようによってはインテリアの一つとして台所をデザインすることもできますね♪


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ