気象病の原因と対策

気象病の原因と対策
気象病とは天候や気温などの気象の変化によって体調が悪くなることを言います。季節が変わるときに起こりやすく、それ以外にも気温や天気の変化が激しい時期などで症状が出ることがあります。

 

■気象病の原因
気象病の原因は気温や気圧、湿度などの環境の変化です。急激に環境が変わることで体が負荷を感じ気象病が起こりやすくなります。

 

もともと人間には環境に順応する力が備わっていますが、急激に環境が変化すると体の順応が追いつかずにストレスがかかります。

 

このストレスが自律神経に影響を及ぼし、体調不良を感じるというわけです。

 

しかしながら、ストレス耐性が強い方は気象の変化によって体にストレスがかかったとしても気象病の症状が出ないことも多くあります。

 

■気象病の症状
自律神経の乱れからくる症状が一般的で、頭痛や吐き気、イライラやだるさなどの症状があります。低気圧が近づくと古傷が痛みだすという方もいます。

 

雨の日は気分がすぐれないものですが、病的にしんどくなる方は気象病による自律神経の乱れを考慮したほうがよいかもしれません。

 

気温の変化が激しい春、雨が降って湿度が上がりやすい梅雨、台風が近づく初夏、などに気象病の症状が現れやすいようです。

 

■気象病の対策
気象病の対策方法は普段からのストレスマネジメント、肉体強化などがあります。

 

《普段から体にストレスを与えない》
日頃からストレスを感じている方が、気象の変化によってさらにストレスが加わると自律神経が乱れやすくなります。

 

自分にかかっているストレスを上手に発散しておくことが気象病対策になります。趣味やアロマなども有効です。

 

《肉体強化》
体を普段から動かしておくことで体の筋肉や血管、神経などは急な変化に順応しやすくなります。普段から軽めの運動を心がけておくと良いです。

 

また、筋トレなどで筋肉を付けておくのも有効ですが、強度の強い筋トレは体に負荷を与える運動ですので、できれば筋トレに関しても軽めの負荷を継続する筋トレを行うようにした方が良いです。

 

■気象病について
気象病は一年を通して気温の変化が少ない環境にいる方に起こりやすいとも言われています。暑い夏にクーラーをガンガンかける人や、寒い冬に暖房のついた部屋から殆ど出ない人は、体の気象に対する順応力が低下します。

 

我慢して熱射病などにならないように室温を調整することは重要ですが、必要以上に使用するのは体にとってよくありません。

 

体のストレス耐性を強くして気象病にならないようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ