スクールカーストは実在するのか

スクールカーストは実在するのか
「スクールカーストは実在するのでしょうか?」⇒「はい、実在します。」

私の中学時代はかなり荒れた生徒が多かったのですが、あの状態は確実にスクールカーストだったと思います。

 

■スクールカーストとは?
ところでスクールカーストってなに?という方も多いと思います。スクールカーストとは学級内で発生した上下関係をヒンドゥー教が行なっていた厳しい身分制度である『カースト制度』の呼び名で模して作られた言葉です。

 

アメリカのハイスクールではスクールカーストが強く根付いていると言われています。ではアメリカしかないのかというとそうではなく、日本の学校でも見られることはあります。

 

■スクールカーストは日本で実在するのか?
スクールカーストという言葉が日本で広まるようになったのは、ドラマ「35歳の高校生」でスクールカーストを扱っていたからだと思います。

 

ドラマをみていただければわかりますが、あれほど強烈なスクールカーストはアメリカでは実在しますが、日本でもあるかどうかはわかりません。

 

ただ、私が通っていた中学校ではスクールカーストは実在していました。女子生徒のスクールカーストはそれほどではなかったですが、男子生徒によるものはありました(-∀-`; )

 

学校の先生も対応してくれる先生と対応しない先生に分かれており、カーストの上のほうにいる生徒からの圧迫はかなり強かったです。

 

私は頻繁に被害を受けていたわけではありませんでしたが、いわゆる一軍の生徒の気まぐれなどに巻き込まれないように気をつけていたことを覚えています。

 

おかげで中学校生活に良い思い出は一つもありませんε3=(-Д-`)。

 

スクールカーストは端から見ると「そんなもの勇気を出して壊してしまえ!」と考える人が多いと思いますが、やられている方からすれば「無茶言うな!」って感じなんですよね~。

 

暴れている連中に対して「こいつら全員消えてしまえばいいのに・・・」と何度も思っていました。やられている方からしたらキレイ事で片付けられても仕方ないんですよね。

 

日本でもスクールカーストは実在します。もしかしたら私の時よりももっと陰湿になっていると感じることがあります。

 

今の教育委員会ではスクールカーストの撲滅はできません。なぜ言い切れるのかというと、私の時代と変わっていないからです。

 

また、ニュースでもスクールカーストを匂わせる報道が頻繁になされているからです。スクールカーストを体験した私にはなんとなくわかります。

 

別に教育委員会の方全員が悪いわけではありませんが、スクールカーストが実在しているという現実を考えると教育委員会の対策が機能していないのは間違いないです。

 

これは学校だけでなく家庭、地域を含めてキレイ事ではない現実的な解決方法を模索していかないと解決しないと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ