新型うつ病は甘えなのか?本当の『原因』は?

新型うつ病は甘えなのか?本当の『原因』は?
新型うつ病は新しいうつ病の形として日本で話題にのぼるようになってきました。新型うつ病は症状からみると甘えのようにとられることがあります。

 

しかし、本当の原因は違います。甘えでもワガママでもありません。新型うつ病は従来のうつ病と症状は違いますが、原因はかなり似ているところはあると私は思っています。

 

■新型うつ病の症状
新型うつ病の症状は自分の趣味や楽しいことをやるときは元気ですし楽しんで行えます。しかし仕事や嫌なことをするとなると途端にやる気がなくなり、体がダルくなったり頭がボーっとしたりします。

 

また、夜の睡眠は食事はおおむね普段と変わらず、うつ病のように不眠や食欲不振になったりすることはあまりありません。

 

■新型うつ病は甘えなの?
こういった状況であるので、端から見ると「ワガママ」や「甘え」のように捉えられることがあります。楽しいことは進んでやるのに嫌なことになるとやる気なしの態度がアリアリとわかるからです。

 

しかし、ワガママや甘えの場合は自分をコントロールすれば体は普通に動きますし、動いていると徐々にやる気が出てくるということもあります。

 

新型うつ病の場合は嫌なことになるとコントロール出来ないほどの身体症状が出ます。これは甘えやワガママではなく、本人ですら理由がわからないということもあります。

 

■新型うつ病の原因
新型うつ病の原因は従来のうつ病と似ている点があります。『ストレスに対する過剰な反応』です。ストレスを真正面から捉えることで精神に負荷がかかりやる気が出なくなるのです。

 

従来のうつ病の場合は、このストレスに対する過剰な反応が続くと、その原因を自分に転嫁します。過剰なストレスの原因を自分に向け続けるため、憂鬱感が絶えず続くようになります。

 

新型のうつ病の場合は、このストレスに対する過剰な反応が続くと、その原因を保留にしたり自分以外のものに転嫁します。

 

ストレスの原因を自分に追求せずに保留にしたり、ストレスの原因を自分以外のものに向けるため、嫌な状況が終われば元気になります。

 

■新型うつ病の治療方法
嫌な状況が続いているときはうつ病の症状がでるので、頓服などの薬で症状を抑える治療をすることはあります。

 

基本的にはストレスに対する反応が過敏すぎることが原因ですので、精神療法によってストレスの捉え方に柔軟性をもたせる方法が効果的です。

 

新型うつ病のの症状がある方は、ほうっておくと何かのきっかけでうつ病やその他の精神的な病気を発症することがありますので、早めに(できれば精神療法を行なっている)専門機関で診てもらったほうが良いです。

 

ちなみに新型うつ病という病名はありません。これはマスコミが付けた名前だそうです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ