ファーミキューテスを減らす方法

ファーミキューテスを減らす方法
ファーミキューテスは肥満に関わるものという研究結果が出ています。ファーミキューテスという名前は聞き慣れないものですが、これは腸内細菌のある一群の総称です。

 

最近の研究で太っている人と痩せている人を比較したとき、ファーミキューテスという腸内細菌が太っている人に1.5倍多いということがわかりました。

 

■ファーミキューテスって何?
ファーミキューテスは腸内細菌の一群で、食べ物をたくさん分解し栄養やエネルギーに変える働きが強い細菌群です。ファーミキューテスに対する腸内細菌群をバクテロイデスと言います。

 

腸内細菌は1,000種類以上存在することがわかっていますが、これを大きく分けるとファーミキューテスとバクテロイデスに分けられるわけです。

 

まったく同じ量の食べ物を食べたとしても、ファーミキューテスが多い人は少ない人に比べて多くの栄養やエネルギーを体内に取り込めるというわけです。

 

生物の『生存』という見解に立てば、ファーミキューテスはとても素晴らしい腸内細菌なのですが、飽食の時代といわれる現代ではファーミキューテスはエネルギー過多による肥満の原因になってしまうのです。

 

■ファーミキューテスを減らす方法
ファーミキューテスは腸内細菌ですから、腸からファーミキューテスを減らせば太りやすい体質も変えられます。

 

ではどうやってファーミキューテスを減らすのでしょうか。

 

それはバクテロイデスを増やすという方法です。バクテロイデスを増やせば腸内細菌の比率が変わりファーミキューテスが減っていうわけです。腸内細菌のファーミキューテスとバクテロイデスのバランスを変えるというわけです。

 

ファーミキューテスを減らす方法は2つあります

 

《ファーミキューテスを減らす方法:その一》
食事の量を減らす。

そもそも食べ物が多いと、それを処理するために体は腸内細菌のバランスをファーミキューテス寄りに変えます。エネルギーを蓄積するための当然の反応です。

なら食べるものの量を減らせばファーミキューテスはそれほど必要なくなり減少していきます。

 

《ファーミキューテスを減らす方法:その二》
食べるものを変える

高カロリーのものを控えて低カロリーのものを食べることで、エネルギーの摂取量が減ります。この状態を続ければファーミキューテスの数も減っていきます。

 

あと、今流行の酵素ダイエットやファスティングダイエットも有効です。ファーミキューテスとバクテロイデスのバランスは結構短時間で変わります。マウスの実験では24時間で比率が逆転しました。

 

人間の腸は長く大きいので24時間で変わるということはないでしょうが、酵素ダイエットやファスティングダイエットに効果が見られるということは、2~3日や一週間程度で変わるのでは?とおもいます。

 

ファーミキューテスを減らしてヤセ体質になりましょう!


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ