男のシミ取り対策

男のシミ取り対策
「シミができて困る」こう考えるのは何も女性だけではありません。男性もできてしまったシミに悩んでいる方は多いです。

 

シミがあるとどうしても老けて見えます。それがこめかみ辺りにあるとどうしてもそちらに目を奪われてしまいます。

 

私も顔のシミで悩んでいたのですが、ある方法を試してシミを顔から消す&薄くすることができました。できてしまったシミ対策を紹介します。

 

■男のシミ取り対策 その一
レーザーでシミを取る。レーザーを照射してシミ部分をかさぶたのようにし、自然に剥がれ落ちるのを待ちます。

 

レーザーを照射した部分は傷⇒かさぶた⇒ピンク色の新しい皮膚⇒肌の色に変わるの流れでシミがなくなります。

 

レーザー照射というと「美容整形」を思いつく方が多いですが、男性の場合はなかなか行きにくいもの。でもご安心を。今は多くの皮膚科でシミ取りレーザーを行なってもらうことができます。

 

お近くの皮膚科に問い合わせて、シミ取りをしているか確認すると良いです。基本的に皮膚科ですから他の皮膚疾患も診ていますので、男性が入ってもわかりません。

 

もちろん受付で問診などがありますが、人の問診の内容に聞き耳を立てる人もまずいませんので安心です。

 

レーザー照射時はちょっと痛いです。ですが、輪ゴムを皮膚に当てて「バチン」と弾いた感じの痛さですので耐えられないということはないです。

 

私はシミ取りレーザーをこめかみ部分と頬の下の二箇所に行い、10,000円以内で済みました。ただ、こめかみ部分のシミ取りはできたものの、頬の下のシミは取れませんでした(´Д⊂グスン

 

■男のシミ取り対策 その二
シミ抜きクリームを使う。ハイドロキノンという成分が入っているシミ抜きクリームを使います。

HDスポットクリーム

ハイドロキノンは紫外線に当たると刺激が強い物質に変わってしまい、シミがひどくなることがありますので、必ず夜だけ使用するようにしましょう。

 

ハイドロキノン入のクリームはたくさん出ており、含有量が5%というものもありますが、配合量がそれだけ多いと肌がやけどしたようになることもあります。1%配合で十分です。

 

私はハイドロキノンクリームを頬の下のシミに使い続けたところ、2週間ほどでシミが薄くなっているのに気が付きました。

 

シミが完全に消えるかどうかはわかりませんが、ハッキリしていたシミの輪郭がぼやけて薄くなってきたため、使用を継続していればなくなると思っています。

 

男のシミ取り対策と言っても女性が行なっている方法と大差はありません。ですがシミ取りをした結果、確実に若返っている感じがあります。(特にこめかみのシミが取れたのが大きい!)

 

私の例をみても分かる通り、シミ抜きレーザーが確実に効果があるというわけではありませんが、シミ抜きクリームという方法もありますので、男性も諦めずにシミ取り対策にチャレンジしてみてください。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ