セパレート浴衣の見た目

セパレート浴衣の見た目
セパレート浴衣とは、服の上下が分かれている浴衣です。洋服のように簡単に着れるとして数年前から話題になっています。

 

着付けも簡単ですので若い女性の間で着られるようになりました。特に花火大会やお祭りが多い夏に重宝がられるようになりました。

 

しかし、セパレート浴衣は一見すると見た目は普通の浴衣のようですが、やはり普通の浴衣よりも見た目がチープにうつります。

 

まずセパレート浴衣は上下がわかれているので上下の柄が合いません。

 

普通の浴衣も帯の下に「おはしょり」を設けてゆとりをもたせていますが、セパレート浴衣は「おはしょり」の動きとセパレート浴衣の上下の連動が不自然です。

 

つまり体を捻った時などにセパレート浴衣であることが一発でわかります。また帯もワンタッチ帯なので見た目ですぐにわかります。

 

一見すると見た目は浴衣であるけれど、動くとすぐわかるのがセパレート浴衣です。それを見越した上で着るのなら良いですが、ここ一番で浴衣を着る場合は優雅さや美しさが半減以下になりますのでセパレート浴衣はチョイスしないほうが良いです。

 

とは言え、浴衣の着付けは面倒臭いから簡単にしたいという思いはありますけどね(*‘ω‘ *)

 

セパレート浴衣の見た目についていくつか書きましたが、最近増えているのは事実ですし、一見すると普通の浴衣のように見えます。

 

また、「あ、あの人セパレート浴衣を着ている」と見た目でバレたとしてもただそれだけです。指をさされて「変なの~」と言われるものではありません。綺麗に見えますから。

 

洋服ではなく浴衣だけれど、新しいタイプの浴衣に模した服という感じですので、そう考えて着れば問題ないとおもいます。実際セパレート浴衣を着ている人は増えていますし、「これ(セパレート浴衣)、ものすごく簡単に着れるんだよ♪」と自慢している人もいますから(o ̄∀ ̄)ノ”

 

ただ、大人の色気や淑やかさなどを出したい人は、見た目だけでなく心もビシっと引き締まる普通の浴衣を着ると良いと思います。自信も付きますしね。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ