gleeシーズン1の感想

gleeシーズン1の感想
gleeシーズン1を見終えました(・ω・)ノ。友人から「面白いからとりあえず見とけ」と言われたのですが、洋楽をあまり知らない私は「そのうちね~」って感じでした。

 

この前あまりにも暇だったのでgleeの無料視聴を見ることに。Hulu(フールー)という配信チャンネルで見ました。huluではgleeのシーズン1とシーズン2を見ることができます。

 

gleeを見た感想ですが、たしかに面白いですがそれ以外にかなりのカルチャーショックを受けました。

 

■gleeシーズン1を見た感想
gleeは、とある高校が舞台になっており、gleeクラブという合唱部をテーマにしています。内容は音楽を通してみんなで努力して栄光を勝ち取る・・・などという生易しいものではありません。

 

まずアメリカの高校生は性の表現がすごすぎる。ドラマの中で高校生が妊娠するという設定があるのですが、妊娠した生徒に対する接し方が日本ではよく理解できない設定です。

 

またスクールカーストが存在しているのですが、このスクールカーストの意識が日本とは全然違います。スターならいじめられないけど、一旦そこから落ちたら逆にいじめの対象になったりします。

 

ですが、暴力によるいじめというのは基本的にありません。と、少し暗い内容を書きましたが、いじめられている方がものすごくものをハッキリ言うので、暗い感じには仕上がっていません。

 

もちろんgleeクラブですから懐かしい音楽などがたくさん出てきます。また単に合唱部というのではなく、ものすごく多彩な表現をするので見ていて引きこまれます。

 

そのくせたまに重たい雰囲気を混ぜてきます。しかし翌週にはあっさりと解決(もしくは保留)して別の話題に飛んでいきます。

 

■gleeシーズン1の感想まとめ
ハッキリ言ってgleeは振り幅が大きすぎです。話題があっちに行って、こっちに行ってと付いて行くのが大変です。

 

「この役どころの人、かっこいいな~」とか思っていたら、次の周にその人が浮気をしたり別の人とキスしてたりして、「私の純情を返して~!」なんて思うことがたくさんありました。

 

でもgleeに登場する役はほとんどこんな感じです。あっちとくっついてこっちとくっついてなどなど。それを繰り返して見ているうちに、「そういう文化として見ればいいのか」と思ってやっと落ち着いて見ることができるようになりました。

 

それでもアメリカのぶっとんだ文化を垣間見ると、「ヮ(゚д゚)ォ!」ってなります。良い意味でも悪い意味でもものすごく大きなカルチャーショックを受けました。

 

ただ、gleeシーズン1は全体を通して(私は途中で中だるみしたところはありますが)面白いと思います。で、友人曰く「gleeのシーズン2の途中からもっと面白くなる!」と言っていましたので、今後がさらに楽しみです。

 

うまく感想がまとまっていませんが、見てみて損はないと私は思います。

 

ちなみに私はhuluでgleeのシーズン1を二日間で見終えました。朝から晩までglee漬け。さすがに頭が痛くなりましたが、huluは二週間は無料視聴できるのでその間に見てしまおうと思っています( ´∀`)bグッ!

 

そうそう、洋楽をびっくりするくらい知らない私でも楽しめました。知っている曲があるとテンション上がります。暇な人は是非見てみてください。

 

huluなら2週間は無料ですから、頑張れば無料でgleeのシーズン1とシーズン2は制覇出来ます。まぁ月額980円ですからゆっくり見てもそれほど問題はないと思いますけど♪


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ