側わん症は治らないというのは嘘

側わん症は治らないというのは嘘
まず断っておきますが、側わん症にもいろいろあり、すべての側わん症が治るというのはないのかもしれません。

 

このような言い方をしたのは、世の中すべての側わん症を私が知っているわけではありませんし、すべてが治るというのはさすがに言い切れませんから。

 

しかし日本側彎症学会の言う「治らない」というのは間違いです。これは断言出来ます。というのも私の母のひどい側わん症が正しい処置で治ったからです。

 

■側わん症の診断は病院で
側わん症かどうかを調べるには整形外科での検査が必要です。その検査で側わん症と診断されると、多くの整形外科医は「これ以上ひどくならないようにしましょう」と言います。

 

また「側わん症は治らない」とハッキリいう医者もいます。しかしこれは間違いで本当は「(西洋医学しか知らない私には)側わん症は治せない」というのが真実です。

 

私の母もかなりの側わん症で、年をとるとともに骨が曲がる側わん症と診断されました。整形外科医から言われた言葉は「治りませんのでひどくならないようにしましょう」です。

 

私は病院から帰ってきて落胆している母に「西洋医学では治らないけど、東洋医学では治るよ」とハッキリ言いました。

 

■側わん症の治療を行なってくれる整体院
東洋医学と言ってもジャンルはいろいろありますし、治療の腕は施術者次第です。きちんとした治療院を選ばないとかえって悪化することもあります。

 

なので私は兄弟、知人、友人に「腕に良い鍼灸院か整体院はないか?」と聞きまくりました。また自分でもホームページで探しました。

 

兄のお嫁さんの知人に腕の良い整体院がいることを知り、その治療院に母が通うこと3ヶ月。母の側わん症は完全に治りました。今では施術前よりも背筋が伸びて美しい姿勢になっています。

 

整体院の治療は最初は週に二回。二週間ほどで5日に一回程度。最後は二週間に一回程度です。

 

日本には西洋医学の他に東洋医学が浸透しています。しかしながら、西洋医学の先生の多くや日本側湾症学会などの学会は東洋医学を基本的に認めません。

 

それは科学的なエビデンス(証拠・根拠)がないからです。確かに東洋医学の効果については根拠がありません。これは東洋医学の先生も認めている人が多いです。

 

しかしそれ以上に東洋医学には大きなアドバンテージがあります。それは古くから積み重ね淘汰を繰り返しながら受け継がれた実績と成果です。

 

側わん症で治療効果が出たのも、まさしくこの実績の賜物でした。

 

別に西洋医学が悪いわけではありません。西洋医学の考えでは側湾症は治せないのですから。しかしその考え方が東洋医学にも当てはまるというのは大きな間違いです。

 

西洋医学は二律背反の根拠を重要視し、東洋医学は受け継がれた実績と効果を重要視するのですから、西洋医学の判断基準で東洋医学を評するのが間違いなのです。

 

ということで話題は戻しますが、側わん症は整体などの東洋医学の方が得意とする症例です。

 

すべても側わん症が治るとは言いませんが、側わん症を得意とする施術者や腕の良い施術者に診てもらうことで側わん症が完治する可能性は十分あります。私の母が治りましたらね。

 

ちなみに母親が行った整体院は無痛治療のところでした。母は「体に何の痛みもないんだけど・・・」と最初は心配していましたが、三ヶ月後には見事治っていました。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ