ハイパースキン脱毛の効果

ハイパースキン脱毛の効果
ハイパースキン脱毛は新し脱毛方法で、その最大の特徴は『痛くない!』ということ。今までのレーザー脱毛は痛いというのが当たり前でした。しかも肌トラブルも指摘されていました。

 

しかしハイパースキン脱毛はそのようなことがまずありませんし、逆に処置部分の肌のキメが細かくなると評判です。

 

■ハイパースキン脱毛の仕組み
ハイパースキン脱毛が痛くないのはその仕組にあります。今までのレーザー脱毛は『毛根を熱で焼く』というものでした。そのため毛根周辺の肌も熱で熱さを感じ痛みを感じるわけです。

 

レーザー脱毛をした人の口コミを見るとみんな「痛みはある」と言っています。

 

ハイパースキンは脱毛の仕組み自体が違います。毛根を焼くのではなく、毛の種である発毛因子を光照射で消滅させます。そのため熱を必要としません。

 

照射するときの熱は38度ですからまったく熱くないのです。

 

■ハイパースキン脱毛のデメリット
ハイパースキン脱毛は痛くなく肌トラブルが少ないという大きなメリットがありますが、反面、発毛因子が存在する休止期(毛の抜け変わる時期)の毛穴しか効果がありません。

 

生えている毛には効果がないのです。つまり時間がかかるのです。休止期は体の部位によってことなります。脛毛の休止期は24週です。成長期は16週。

 

つまり、成長期の16週の間にいくらハイパースキン脱毛を行なっても成長期の毛には効果がありません。人間の体は一斉に生え変わるわけではなく、毛穴によって休止期と成長期のタイミングは違います。

 

ハイパースキン脱毛のデメリットは時間がかかること。そして効果をすぐに実感できないことにあります。

 

■ハイパースキン脱毛の効果を感じない理由?
とは言え痛みがない脱毛というのは多くの方が魅力に感じます。またハイパースキン脱毛の継続で効果を実感している方は多くいます。

 

たまに口コミで「効果を実感しない」という方もいますが、おそらくハイパースキン脱毛を行う間隔が短いか半年程度で終わらせているからだと思います。

 

人によって休止期のタイミングは違いますし、体の部位によっても異なります。ハイパースキン脱毛は何度も言うように『休止期の毛穴にしか効果がありません』

 

そのタイミングを逃した毛穴は、次の休止期にならないとハイパースキンの効果を享受できません。大体三週間~一ヶ月のサイクルで施術を受ける必要がありますが、間をあけると効果を実感できません。

 

また、施術の期間を詰めすぎても意味がありません。休止期に入っていない毛穴にいくらハイパースキンを当てても効果はないからです。

 

■ハイパースキン脱毛が一般的になる?
ハイパースキン脱毛はこれまで痛さを我慢して脱毛を避けてきた人にとって、かなり嬉しい脱毛方法です。なのでこれからはハイパースキン脱毛が一般的な脱毛方法になるかと。

 

現に東京や大阪、名古屋をはじめ、多くの地域でハイパースキン脱毛を扱っているところが急速に増えていますから。

 

痛くないというのはやっぱり魅力ですからね。ちなみにハイパースキン脱毛は男性や子供にも使えます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ