ローソンのブランパンを買ってみた

ローソンのブランパンを買ってみた
CMでも話題になっているローソンのブランパン。カロリーが低く健康に良いと言われている「ふすま」を使っているパンです。

ローソンのブランパン

 

最近では健康志向の人が増えてきたので、血糖値が上がりにくい「ふすま」に目を付けたローソンはすごいと思います。

 

ちなみに「ふすま」とは麩と書きます。ふすまパンは普通のパンよりも糖質が少なく、もっちりとお腹持ちが良いパンとして注目されています。

 

■ブランパンを買ってみて
ブランパンを買ってみて一番最初に感じたのが、「小さぃ!?」ということ。学校の給食に出てくるロールパンをひと回り小さくした感じのパンが二つ入っていて120円です。

ブランパンの比較

※となりに置いているのが一般的なスマホです。普通サイズに見えますが、実際に見ると小さく感じると思います。

 

ブランパンの袋に表示されている原材料は以下のとおり

 

・ミックス粉(植物性たん白、小麦ふすま、大豆粉、オーツブラン、難消化性デキストリン、食塩、シトラスファイバー、デキストリン)
・マーガリン
・卵
・エリスリトール
・ブドウ糖
・パン酵母
・小麦粉
・発酵風味料
・加工でん粉
・セルロース
・トレハロース
・膨張剤
・酢酸Na
・糊料(CMC、キサンタン)
・乳化剤
・甘味料(アセスルファムK)

 

カタカナがたくさん並んでいて「健康に大丈夫なのか?」と思いましたが、危険なものは入っていないと思うので思い切って買いました。

 

私的にはマーガリンとか甘味料に引っかかりを覚えるのですが、購入するパンには大概入っているのでとりあえず買ってみました。

 

食べた感想は、食感はもちもちして少し甘みがある感じ。ふすま独特の味もしますが、私はこの味が好きです。甘みがあるのは恐らく甘味料のせいでしょう。

 

ローソンのブランパンは味や形、食感を整えるためにいろいろなものが入っています。ブランパンのコンセプトは「健やか」というものらしいですが、これだけいろんな物を添加していて健やかとはいかがなものかと。

 

しかし、これらの添加物が体に悪いと証明されているわけではありません。それにこれらの添加物は様々な食品に入っているので日頃から結構摂取しています。

 

ですが、「健やか」を売りにするのなら、ブランパンにはできるだけ添加物を減らして欲しかったと思いました。まぁ作ってすぐに食べれるわけではないので、それは無理な話ですけどね。

 

ふすまパンであるブランパンはカロリーがかなり低くなっているので、小腹が空いた時に活躍しそうなパンです。

 

小さめなので、ブランパン1つだけで食事の代わりにするというのは特に男性の方は難しいと思いますけど。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ