LGBTとGLBTの違いとは

LGBTとGLBTの違いとは
LGBTとGLBTという言葉があります。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、先進国ではこの言葉は結構使われます。

 

LGBTとGLBTとは何なのでしょう。またその違いは一体何なのでしょう。

 

■LGBTとGLBTとは
LGBTはエル・ジー・ビー・ティーと読み、GLBTはジー・エル・ビー・ティーと読みます。それぞれのアルファベットはある言葉の頭文字です。

 

L・・・レズビアン
G・・・ゲイ
B・・・バイセクシャル
T・・・トランスジェンダー

 

つまり性的マイノリティーを総称する言葉です。ではLGBTとGLBTの二つの読み方があるのはなぜかというと、単にレズビアンの方が発言するときはLGBTと言うことが多く、逆にゲイの方が発言するときはGLBTと言うことが多いというだけです。

 

どちらが正しいとかはないようですが、一般的に使われるときはLGBTと言うことが多いそうです。

 

■トランスジェンダーはLGBTとGLBTという言葉を嫌う?
すべてのトランスジェンダーの方がLGBTとGLBTの言葉を嫌っているわけではありませんが、トランスジェンダーの方はレズビアンやゲイやバイの方とは少し意味合いが異なります。

 

レズビアンの方やゲイの方は性的な思考として同性が好き、バイの方は性的嗜好が同性と異性の両方にあるという方です。こういった方がたの多くは基本的には自分の性に対して生活に困るほどの違和感があるというわけではありません。

 

トランスジェンダーの方と比較すると、自分の性に対して大小はあるもののそれなりに納得しています。男性が女装をする、または女性が男装をするという場合もあります。

 

トランスジェンダーの方は体が心を裏切る状態に耐えられないという方々で、ニューハーフの方の一部にもそういう方はいますが手術をしなくても大丈夫という方もいますので、その点が違うところです。

 

そう考えると、LGBTとGLBTの中にトランスジェンダーの方を含めるのはなにか違うとトランスジェンダーの一部の方が感じるのも頷けます。

 

■LGBTとGLBTのまとめ
LGBTとGLBTは世界的に使われるようになってきた言葉ですが、このカテゴライズが受け入れられるものかどうかについてはまだまだ議論の余地が残っている言葉だと思います。

 

ちなみに、日本ではゲイというと男性の同性愛者を指す言葉として認識されていますが、欧米ではゲイ=同性愛者という意味合いで使うことも多いです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ