夜間頻尿とふくらはぎ

夜間頻尿とふくらはぎ
今日あるテレビ番組で『夜間頻尿』について紹介していました。夜間頻尿は夜中にトイレで目が覚めるというものです。

 

トイレに行きたくなって目が覚めるという行動は通常なら起こり得ないそうです。夜中に一度でもトイレで目が覚めるというのは夜間頻尿に分類されます。

 

■夜間頻尿とふくらはぎ
この番組ではある先生が「ふくらはぎに溜まった水分が横になることで体中にめぐるようになる。そのため体内をめぐる水分が一気に増えて体が排尿を促す」と言っていました。

 

これを聞いて思い当たることが。私は以前夜間頻尿がひどかった頃、寝るときに横になるとなぜか膀胱に尿が溜まっていくような感じがしていたのです。

 

そして体を横にしてから1時間後~2時間後以内でトイレに行くことがあり、排尿量もかなり多かったのを覚えています。寝る前にトイレに行っても、1~2時間後には必ずといっていいほど多量の尿が出ました。

 

ふくらはぎがむくむという人で夜間頻尿になる人はもちろん、寝るときに体を横にすると私のようにトイレに行きたくなる方は、ふくらはぎに溜まった水分が原因であることも多いと思います。

 

ふくらはぎに溜まる水分は多い人で1リットル。これはかなりの量です。

 

■ふくらはぎが原因の夜間頻尿の治し方
ふくらはぎがむくむ理由は、ふくらはぎでポンプの役割をしている筋肉が弱っているか、デスクワークなどでほとんどふくらはぎを動かさないということが原因です。

 

筋肉を鍛えて動かす。これが(ふくらはぎのむくみが原因の)夜間頻尿の治し方になります。

 

『治し方』
足を肩幅に広げて立ち、かかとをゆっくり上げ下げする。一日50回が目安です。

 

また、座ったままの状態でかかとを上げて下げる。次はつま先を上げて下げる。これを交互に繰り返すのもむくみ解消になります。

 

貧乏揺すりも体に良いのですが、片方だけでするのではなく交互に貧乏揺すりをすると良いです。

 

■夜間頻尿と言えば・・・
そういえば半年ほど前の別のテレビ番組では、ある有名な内科医の方が「夜に一回~二回トイレで目がさめるのは問題ない」と言っていましたが、医者でも先生によって解釈がまったく違うんですね~。

 

こういう解釈の違いのすべてを医者のせいにするのも違うような気がします。医者は専門家ですが知らないこともありますし、人間ですので間違った情報を信じていることもあります。

 

われわれ個人が自分の体調について多方面から意見を聞き、自己判断する部分も必要なんだと思いました。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ