ホルモンパッチの作用と副作用

ホルモンパッチの作用と副作用
最近パッチを使った処方が増えてきています。その中でも注目されているのがホルモンパッチを使った治療方法です。

 

特に更年期障害の原因となる女性ホルモンや男性ホルモンの補充にパッチが使われるようになりました。女性の更年期障害には女性ホルモンの投与、男性の更年期障害(LOH症候群)には男性ホルモンが投与されます。

 

■ホルモンパッチの作用
女性ホルモンパッチや男性ホルモンパッチは、これまでの経口摂取や注射による摂取とは違い、女性・男性ホルモンが含まれたパッチを皮膚に貼ることで、体表からホルモンを吸収します。

 

これまでの投与方法と同じく、体内に必要なホルモンを与えることができるので、期待される作用はこれまでと同じです。

 

ただし効果は弱くなりますので毎日ホルモンパッチを張り替える必要があります。注射のように一気に体内にホルモンを注入できるわけではないのでそのへんは致し方ありません。

 

しかし逆に注射による痛さがありませんし、経口摂取時におこる内臓への負担もありませんのでその点はホルモンパッチのメリットになります。

 

■ホルモンパッチの副作用
気になる副作用ですが基本的にはありません。と言うよりも、正確にはその他の投与方法に準じると言ったほうが正しいかもしれません。

 

体外からホルモンを注入することによって起こりうる副作用に準じると言った感じです。ホルモンパッチによる治療は体内のホルモン濃度が一気に高まるということもありませんので、体への負担は少ないと思います。

 

ただしパッチを貼りますのでその部分がかぶれるという副作用はあるかもしれません。肌の弱い方はホルモンパッチ療法を行う場合はその点も注意する必要があります。

 

■ホルモンパッチは保険適用?
更年期障害の治療によるホルモンパッチの使用は保険適用になりみたいです。しかしこれが男性の更年期障害治療(LOH症候群)の場合は、注射による投与は保険適用ですが、ホルモンパッチはまだ保険適用ではないようです。

 

体内へのホルモン量を一定に保つことができるホルモンパッチ療法はこれまでの投与方法に比べると体に優しい方法ですので、一刻も早く保険適用を認めてほしいものです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ